上司の責任

キャリアアップしたい

【上司の責任】部下が退職する?『育成、指導』とか言う前に

ここはちょいとばっかしキツイ言い方をさせてもらう。

そう、上司の責任についてだからな!

僕は・・・

いや、俺は一般社員のペーペーから人事部長にまでのし上がった。

だけど調子に乗ったことは一度もない!(と思うけどどうだろ)

人の社会人生活を左右する身として、肝に銘じなければならんことがあるのじゃ!

と、いうことでいってみましょう!

上司は自分への戒めとして。

部下は上司に求めすぎず、「大変なんだなあ」と理解してあげましょう。

ちなみに、正解はないと思います。会社によって、人によって上司のあるべき姿やうまくいく方法は違う。僕の場合の例として見てください。

この記事は

  • 上司として持つべきマインド
  • 板挟みされる上司のスタンス

自信を持つ

声は大きく

バカバカしいと思うかもしれません。

だけど、めちゃくちゃ大事。

大きな声で話そうとすることは、言葉に伴う責任に物怖じしないということ。

軽率な発言はできなくなる。

だから大きな声で自信を持って話す人に、聞く人は惹かれたり頼りたくなったりする。

口は災いの元と言うが、口数でごまかそうとすると嘘やプライドにまみれることになる。

 

ただ大きな声で威嚇するのはダメよ!

腹から出た言葉に、人は信頼を抱く。

 

目線を上げて

上を向いて歩こうみたいな感じになってますが。

これもね、意識してやった方がいい。全然違うから。

目を開いて全員の視線を余すことなく受け止める。

まぶたが開いて眼球に光が当たることで、目が輝いて見える。

誠実で自信に溢れた人に見える。

やましいことやってたら、人の目見れないからな!

 

上向き過ぎると横柄になるから、地面に対して垂直に!

視線を正面から受け止める誠実な態度を。

 

表情を見せろ

何も常に笑顔でいろってわけじゃない。

ナチュラルに自己開示することが大事。

信用・信頼して欲しかったら、まず自分の影を晴らせ。

できるだけ自分をオープンにさらけ出す。

さらけ出してもいい自分であれ。

無理して笑ってる姿なんて見ても部下は引くだけだ。

ただ、しかめっ面とか気力のない顔は大勢の前で見せちゃいかん。

ありのままの自分で勝負しようぜ。それでダメならそれまでだってこと。

 

公正公平は自分を含め

正しくあれ

間違ったことをするのは論外だ。

もちろん自分の価値観が社会的に正しくないといかん。

間違ったことをしようと思う自分を消し去れ。

卑怯なこと、欺くこと、陥れること、ダメ。人として正しくあれ。

部下は本当によく上司を見ていることを忘れちゃいけない。

芸能人はほんの少しのミスで叩かれる。上司だって一緒だ。

部下と一緒にサボるのは・・・人間として正しい!(???)

常に胸を張れる自分でいること。

 

調子に乗るな

これが本当に難しい。でも調子にのんな!自戒。

上司とはただの役割であって、人としての優劣を表すものではない。

本来、人間に上も下もない。

立場上がってマウント取ったつもりになってるヤツは今すぐ降りろ!

調子に乗っちゃいけない。ほんとに。

社会での自分がそこで終わってしまうから。まだ先に行ける

そこで満足するな。謙虚であれ。歩み続けろ

 

ビビるな

不平不満を気に病むな

自分は正しい。だったら揺るがないことだ。

多少の不平不満はあって当然。導く者なんだから。

時には心を鬼にして、進むべき道を示せ!

誰にも嫌われたくないなら、上司やめればいい。

意思のない者に人は協力しない。意思があるなら簡単に負けるな。

人はみんな楽したい。不平不満の先にこそ、部下の将来も切り開かれる

ちょっとやそっとのヤジ・グチにビビるな。大丈夫。その先に未来があるんだろ?

 

緊張したら心臓を黙らせろ

でもさ~、緊張するよね。上司だって人間だもん。

僕も、セミナーやる時なんかいつも心臓バクバクだったもん。

そんな時はね、心臓に向かって「黙れ!」って言ってやるといいよ。

心臓と今やろうとしていることは関係ねえ。

息を大きく吸って、ゆ~っくり長~く吐いていくと、鼓動がおさまっていくよ。

吐き切ってから少し息を止めると、さらにおさまるよ。

その時、手にかいた汗にふ~ってやって乾かすといい。

緊張なんて当たり前。その上でパフォーマンスを発揮できるかだ。

 

想え

全員を想え

なんかキレイごとでクサいけど。

人への想いはないとダメでしょ。

想い方はそれぞれでいい。

想いとは、人に対してプラスに影響する行動・言動のこと。

ただ考えているだけじゃ何の意味もない。

助けるべきは助け、見守るべきは見守ることだ。

想いの深さより、全員を想え。

たった一言でもいい。部下を輝かせろ

誰一人漏らさずやっているか確認するんだ。

何でもいいから人に対してプラスの行動・発信をしている量だ。

 

会社を想え

最後に、上司とは何だ?

その会社の役割だ。部下の上司であり、社長の部下だ。

部下と社長を繋げ。会社の行きたい方向を見失うな。

社長が間違ってるなら文句を言って社長を変えろ。

部下が苦しんでいたら盾になれ。

社長に物言いながら社長の言いなりになれ。

会社の悪口を部下と一緒になって言うのは役割じゃない。

社長を説得するのは、上司の仕事だ。

会社をよくするのが、上司の仕事だ。

 

 

ということで、僕が調子に乗った次第です。

僕自身が上司として何度も失敗し、恥ずかしい思いをし、学んできたからこそ言えることです。

上司の責任というものは、残念ながら本当に大きい。

すべてを完璧に出来る人なんていないから、少しのことではへこたれない強さも必要ですよ。

ただ一つ言えることは、部下よりも努力を怠ってはいけません

ダメな上司でも、頑張ってる姿を見たら協力したくなる。

それが人間ですってもんですよね!

 

願い下げろ!
願い下げろ!【仕事・職場環境・人間関係】NG上司・変われない幹部

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-キャリアアップしたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.