人の思考パターン

キャリアアップしたい

人の思考は違う!【チームの力】は自分にない回路を理解すると掛け算

会社には色んな人がいます。

ある程度似た価値観で集まることはあっても、友達同士のようにはいかないもの。

どうしても「理解し合えない」人同士がいる。

 

そんな時はどちからが辞めるしかないの?

本当に理解し合えない人同士は、一緒に仕事が出来ないの?

 

いいえ。

理解し合えないことを理解し合えば協力できるんです!

スポンサーリンク

4つの思考特性

まず、人の頭の中は見えない。

だからそれぞれ人は、自分の頭の中が常識だと思い込みます。

見えていればそんなことにはならないのに・・・

 

「分析」「構造」「社交」「コンセプト」の組み合わせ

人の思考特性には、4つあると言われています。

詳しくはこちらで。

思考特性
「その会社は自分に合ってるの?」4つの思考特性から選ぶ

続きを見る

 

簡単に言うと

分析

事実を論理的に追求したい。

根拠やデータを重要視し、分析により理解を深める。

抽象型かつ直列型な思考

構造

現実的な思考を好む。

予測可能な方がよく、手順やガイドラインを重視する慎重派。

具体型かつ収束型な思考

社交

人が基準の思考。

感情や人の輪を重視し、人との関係性を大切に考える。

具体型かつ拡散型な思考

コンセプト

想像力が豊か。

非日常的で、変わっていることや新しいことを好む。

抽象かつ並列型な思考

 

そしてこの4つはどれか一つというわけではない。

1つだけが特徴として現れる人、2つの人、3つの人。

 

今回は、2つずつの組み合わせパターンを紹介します!

あなたの周りの人達は、どの思考パターンですか?

 

大きく【2×2】に分ける思考パターン

大きく分けるとこうなります。

  • 抽象型(分析+コンセプト)
  • 具体型(構造+社交)
  • 直列収束型(分析+構造)
  • 並列拡散型(社交+コンセプト)

 

正しくはありませんが、よくこうも言われます。

抽象型=男性脳

具体型=女性脳

直列収束型=左脳派

並列拡散型=右脳派

 

ある程度、性別や生活の仕方によってパターン化されるものでもあるんですね。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

 

「抽象」と「具体」

対局となる2つの思考では、よく対立が起こります。

この2つの間では、

「これだから男は・・・」「これだから女は・・・」

となることが多い。

 

分析+コンセプト=抽象

分析とコンセプトに共通している思考が、この抽象です。

特徴

細かいことよりも全体を見ておきたい。

結論から言いたい。

結果どうなるのか、結局何がしたいのかに興味が向いている。

 

まさに抽象という言葉にふさわしいですね。

「抽象的だなあ」と言うとマイナスな言葉に聞こえますが、もちろん悪いことばかりではありません。

 

全体を把握することに長けているし、道を見失う可能性も低い。

先回りして問題点を見つけることも得意です。

 

しかし、ただ俯瞰的に対局を見ているだけでは何も進みませんね。

実行する時には必ず、具体的にどうするのかが必要になる。

具体型思考と協力することで力を発揮する。

 

構造+社交=具体

構造と社交に共通した、具体思考。

特徴

大きなことよりも現実的なことを見ていたい。

順を追って実況するように話したい。

細かい事実や人の感情に興味が向いている。

 

完全に真逆の具体的な思考パターンですね。

ぐっと近くのことや人を良く見ています。

 

手順を飛ばさず、堅実に着実に物事を進めていくことができる。

人の感情を察することができるので、チームワークの要にもなる。

 

しかし、人に流されたり目の前の忙しさに方向を見失うこともある。

集団で何かを成そうとするときには、先の事を示したり全体を見てくれる人も必要になる。

抽象型思考と協力することで力を発揮する。

 

スポンサーリンク

 

「直列収束」と「並列拡散」

分析+構造=直列収束

分析と構造に共通した、直列収束思考。

特徴

大きな分析に基づき、ポイントを絞って深く追求していく思考パターン。

「シャーロック・ホームズ型」とも言われる。

真実を見極めたり、消去法で新しい方法にたどり着くことができる。

 

クレバーな感じで、冷静・大胆かつ追及力がある。

一つ一つの事案を頭の中でつぶしていき、最終的にシャープに研ぎ澄まされていく研究者的思考。

「これだ!」「見つけた!」が思考の終着点。

 

広い部分から詳細まで見れるんだから最強じゃん!と思うかも。

だけどそもそも大きく方向を選んでしまっているので、方向転換が困難なんです。

並列拡散の思考を認めることで、より自由な発想をすることができる。

 

社交+コンセプト=並列拡散

社交とコンセプトに共通した、並列拡散思考。

特徴

次から次に拡散的に思いがめぐる思考パターン。

「アインシュタイン型」とも言われる。

組み合わせることで思いついたように発想が浮かぶ。

(社交が強いかコンセプトが強いかで、人が対象となる幅が変わる)

 

何かやっていても、同時に違うことも考えている。

広く浅く思い付き、際限なく思考を広げていくことができる。

(社交メイン:目の前の人も大切にしているし、離れた席の人のことも気になっている。)

「飽きた」「このぐらいでいっか」が思考の終着点。

 

あれ?アインシュタインといえば研究者的じゃない?と思いませんか?

でもさっき研究者的なのは、直列収束だったじゃん。と。

その通りです。でも実は、研究や発想はどちらでもできる

そのプロセスが違うだけです。

 

拡散的な思考にも弱点があります。

思い付いてばかりでは実行に移らないし、検証もできず答えが見つからない

直列収束の思考を認めることで、より深く考えることができ実現に近づく。

 

【チームの力】はバランスと引き出し

どうだったでしょうか?

考えて見て欲しいのは、自分と違う思考を知っていたかどうか。

自分と違う思考を、「ありだね!」と尊重できているかどうかです。

 

こう考えてみましょう。

もし、どちから一方しかいなかったら・・・

 

抽象思考しかいなかったら、夢ばかりで実際に何も進まないかもしれない。

具体思考しかいなかったら、目の前のことに追われて道を見失うかもしれない。

 

直接収束しかいなかったら、一度選択した方向から抜け出せないし、変化対応が遅くなる。

並列拡散しかいなかったら、次から次に新しい事ばかり、変化して満足してしまい先に進まない。

 

両極にいる思考を認め合ってこそ、チームは混ざり合って掛け算的に力を発揮する。

新しい思考を否定してしまったら、足し算だけになってしまうかもしれませんね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-キャリアアップしたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.