生きる力と社会の問題

会社で起きる問題

人事部長の僕が見た、社会の【生きる力】不足。新・学習指導要領へ

新学習指導要領の『生きる力』は、社会の問題を解決するための学び。

元人事部長として僕が会社の中で見てきた問題の中に、思い当たる節がいくつもありました。

子供だけでなく大人も学ばないといけないキャリア教育。

一体何が問題なんでしょうか?

『生きる力』と、社会の問題

生きる力

2020年から小学校で。

2021年から中学校で。

2022年から高等学校で。

それぞれ新しい学習指導要領が適用されます。

そのテーマが、『生きる力』です。

文部科学省の資料

 

この新しい学習で育む3つの力があります。

  • 知識及び技能
  • 思考力、判断力、表現力など
  • 学びに向かう力、人間性など

この3つ、人事部長として人の問題を見続けてきた僕にとっては、とても共感する部分が多いんです。

この力が学校生活の中で育まれたら、未来は明るい!

まさに現代の問題となっている部分だ。

今回は、なぜそう思うのかを、僕の体験を踏まえてお伝えしようと思います!

 

知識及び技能

実際の社会や生活で生きて働く

『知識及び技能』

まずはこちらの力。

裏返して考えれば、「実際は使えない知識や技能」を習得している。

と考えられないでしょうか?

 

実際に僕が社会に出て感じたのは、「今までの勉強のほとんどを使っていない」ということ。

新入社員が入社したら、まず行うのが「ビジネスマナー研修」ですよね?

これ、なんで学校で教わらないのか?

と、今となっては思います。

 

なぜか社会に出ると、ほとんどの知識がリセットされる。

なぜか大学を出てから専門的な学校に行ったりする。

「教育と社会が分離されている」

 

僕は2つの課題があると感じました。

①専門的な知識や技能を、専門的な分野で活かせていない。

②就職するための勉強になってしまっている。

 

①専門的な知識や技能を、専門的な分野で活かせていない。

これは就職活動にも問題があるし、自分の進む進路を決定出来ていないことにも問題がある。

学問自体はあるんです。

しかしそれを、どうやって選んで、どうやって活用するかが繋がっていない。

進路を選ばないまま専門的なことを学んでいる。

だから、学んだことと違う職業選択をする人が増え、知識がリセットされてしまうんじゃないか。

 

②就職するための勉強になってしまっている。

大学はそもそも、専門的に学びを深めるためにあります。

しかし、日本の終身雇用の社会がこれを歪めた気がします。

就職するために大学に行かなければいけない。

就職するための大学が増える。

大学はいつしか、専門的に学ぶ目的ではなく、就職する目的で行くようになった。

この手前には、やはり進路選択が困難である問題があると思います。

 

根っこにあるのは自己理解不足

そして自己理解しなくても、進路選択しなくても、会社に就職さえすればなんとかなってしまった今までが、本来あるべき形を歪めてしまったんじゃないでしょうか?

 

思考力、判断力、表現力など

未知の状況にも対応できる

『思考力、判断力、表現力など』

社会の変化はとんでもないスピードになってきました。

なってきたと思っていました。

しかし、本当にそうでしょうか?

 

僕はこう思います。

本当はずっと世の中は、世界は、変わり続けていたんじゃないか?

変わらなくていい社会を、一生懸命作ってきてしまったんじゃないか?

 

仕事を効率化しようとすると、仕組み化したいんですよね。

組織でやろうとすると尚更、誰でも出来るようにしたい。

  • 考えなくても出来るように
  • 判断しなくてもすむように
  • みんなが一律に

これ、よく考えるとゾッとしませんか?

思考を奪われ、判断を奪われ、表現を奪われる。そう取ることもできてしまう。

 

考えてみれば、学校教育の段階からそうでした。

「これが、正解です。」

「言うことを聞いていい子にしましょう。」

「お手本にして頑張りましょう!」

だけど社会に出ると、意外にこれが使えない。

正解はないし、言うこと聞くだけじゃダメだし、自分の強みを見つけないといけない。

 

ここでも学生時代と社会の分断を感じます。

だからこそ、それを打破するためにアクティブラーニングも取り入れられました。

 

決して若い人の能力が劣っているわけがない。

むしろ歯止めをかけているのは、古い教育を受けている僕たちの世代のほう。

思考力、判断力、表現力が大切だと思うのに、その力を弱める教育をしていないか?

能力の問題ではなく、教え方の問題ではないでしょうか。

 

学びに向かう力、人間性など

学んだことを人生や社会に生かそうとする

『学びに向かう力、人間性など』

 

まず、『学びに向かう力』の必要性についてです。

無気力無関心がよく社会では問題とされます。

確かに、僕もこれには苦労しました。

「仕事に興味を持て」と言われても、無理なものは無理。

生活はできるんだから、そんなに興味とか主体性とか言わなくても・・・

と思ってしまいます。

 

でもやっぱり、自分がしている仕事の分野に対して学ばない人は成果が出ないし、それなりで終わってしまう。

仕事というものは、同じことを繰り返すことではないからです。

ほとんどの仕事は常に発展を考えて、世の中のニーズに合わせて新しい価値を生み続ける必要がある。

学び続けない人は、いずれ社会から置いていかれる。

学ぶことを拒否することは、社会での後退を意味する。

だから、学ぶに向かう力は「生きる力」を付けるうえでとても大切です。

  • 「もっと学びたい」
  • 「学ぶことには価値がある」
  • 「学ぶときっと良いことがある」

土台に、そんな価値観が必要ではないでしょうか。

 

そして、『人間性』です。

これからの時代、最も大切な幸せの条件だと思います。

嘘をつく人からは買いたくない。

本音で語る人から買いたい。

悪口言う人と一緒にいると気分が悪くなる。

いつも人のプラスの面を見る人と一緒にいたい。

悪いことする人は自分に危害を加えそう。

悪いことしない人なら自分に害はなさそう。

ごく当たり前のことが、より当たり前になってきていると感じます。

 

今の時代、悪いことをするとどこかでバレるようになってきました。

情報化社会により、一人一人の目と口が、全世界の人と繋がることができる

情報操作にも限界がある。

 

偽物のお人善しはすぐにバレてしまう。

会社も同じで、本質的にいい会社でないと人が集まらなくなってきました。

人間性のない人のもとにいなければいけない時代ではありません。

人間性のない人が淘汰される時代です。

 

新学習指導要領は、正しい方向に進んでいる。

社会で様々な問題を見てきた僕はそう思います。

あとは実現するために、大人も子供も新しい時代に向けて舵を取ること。

変化を恐れずにいれば、きっと未来は明るいですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-会社で起きる問題

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.