悩み抜け

仕事辞めたい 会社で起きる問題

【仕事辞めたい】新卒社員がぶつかる壁④と解決方法。こればっかりは悩みぬけ

2019年9月21日

このテーマでは3回目の記事になります。

仕事っていうのは、最初は面倒なもんですね。

それはきっと、わけが分からないものだからだと思います。

今まで向き合ってこなかった『仕事』に直面したときに、やるべきことも面白さも分からない

学校の先生が与えてくれるのは知識・知恵、つまり武器筋肉です。

『仕事』は教えられません。戦い方とも言えますね。

 

最初から上手な人はいません。

むしろ最初に失敗しない人は、ずっと失敗を恐れ続けるので意外と脆いですよ。

仕事そのもののことは、僕のように数々の失敗を積み重ねてレベルアップしてきた人から学んでください

今回のテーマは、僕自身も悩んでいたことです。

転職の決定打になりえるポイントです。

スポンサーリンク

 

【新卒の悩み④】仕事の意義を見失う

そうです。今回は特大のテーマ

こんなことを悩む余裕がある国に生まれたという意味では、幸せなテーマとも言えますね。

 

「私、何やってんだろ」

「こんなことやりたいんだっけ?」と我に返る。

特に新卒にはかなり多いんじゃないでしょうか?

 

就職活動中は“自分に合う雰囲気”の会社を探す。

「仕事は何をやっても一緒だよ!」と言われることも多い。

実際やってみたら、子供のころに思い描いていた未来とかけ離れすぎている

 

「仕事は何をやっても一緒」というのは、僕もそう思います

何でもやりがいを見つけることはできる。

だけど、それを知るのは何年も先の話。

「それまでこのギャップに耐えるってこと?」と思うと、かなり不安ですよね。

 

  • 「人生の限られた時間を無駄にしてしまうんじゃないか?」
  • 「本当に大切なことを見落としたんじゃないか?」
  • 「自分の就活は間違っていたんだろうか?」

 

ポイント

間違っていたかもしれないし間違っていないかもしれない。

それが分からないのは当たり前

自分が決めることだからです。

 

僕は、逆に質問してほしかったです。

「君は何をやってるんだ?」

 

押し売り?騙してる?

さて、こっちはマズいです。

自分の仕事に疑問を感じ、マイナスなイメージを持ってしまった場合です。

 

実際に仕事をしてみると、なんだかお客様を騙して売っているような感覚になる。

「こんなに押し売りしてるけど、そもそもこんなもの売れるわけないじゃん・・・。」

 

これは、ダメです

すぐさま上司や先輩に、その仕事や商品の価値について問い正してください

早い段階で疑問を持ってしまった場合、実は後から消せないマイナスイメージになることが多いです。

僕の経験上、これが塗り替えられたケースはあまり“いいもの”ではありません

 

ポイント

この仕事は自分にとって「YES」「NO」か。アリかナシか

早く結論を出すこと。

モヤモヤと納得しないままの火種は、何年も残る

後になって時間を無駄にしたと思うことがないように、しっかり考える

 

やっぱり向いてないのかな

嫌な事ばかりが続くとこうなるんですよね。

しかし、前の項目ように急ぐ必要はありません

 

なぜかうまくいかないことばかり。お客様や上司に怒られてばかり

そのせいで自信を無くしてしまうんです。

 

この場合、今の状況が原因になっています。

スキル不足経験不足の場合、向ているかどうかは分かりません。

まだやっていないようなものですから。

 

ポイント

仕事そのものへの考えから、少しズレたことが原因になっていないか確認。

「向いていたらそれでいいの?」と聞かれたらどう思うか。

「いや、別にこの仕事じゃなくても」と思うなら、変えちゃってください。

向いているかどうかは、数年後あまり関係なくなります

 

やりたくない仕事をやらないことです。

 

【解決方法】悩みぬく

マイナスイメージではなく「私、なにやってんだろ」と思っているなら、そのまま悩みぬきましょう。

僕はこの相談を何度も受けたことがあります。

たけど僕の中に答えはないんですよね。

 

今、いい意味で立ち止まり、仕事について真剣に考え始めた証拠です

流れるままにここに来たかもしれないけれど、しっかりと自分を見つめ直しています。

 

僕が言えることはひとつ。

「何やってんだろうね。教えてよ。」

質問することだけです。

 

ポイント

その悩みそのものが、あなたの社会人としての深み仕事人としての想いに変わります。

自分の中に大切なものが光りはじめてますよ。

そうして自分を確立していくものです。

健全に悩みつづければいいと思います。

僕はこれを語れる人が本当にカッコいいと思う。

 

【解決方法】嫌なら早く辞めろ

仕事に疑問を持っている場合は、すぐに確認したほうがいいです。

そして「やっぱこの仕事嫌い」と思ったら、厳しいですが早く辞めたほうがいい

 

「嫌なら辞めちまえ」って言われたことか聞いたことありませんか?

これは実は、言った人が救いを求めている場合が多いです。

「俺だって疑問持ちながら仕方なくやってんだ!文句言うな!(俺も嫌になっちまうだろ)」という具合に。

“せっかく我慢してるのに”ということです。

 

あなたも同じようになっても大丈夫ですか?

我慢しながら続けたい仕事ですか?

 

ポイント

嫌いな仕事やらなければいけないような国でもない時代でもない

何よりそう思っている人からサービスを買いたいか?

状況に我慢はしても、仕事に我慢はしないほうがいい。

仕事の意義は、後々本当に重要度を増してきます。仕事が好きなら多少のことは我慢。仕事自体が嫌なら多少状況が良くても早く変える。

 

【解決方法】「3年やらないと分からない」は本当

昔からよく言われていました。

この加速度的に変化していく時代の中でも、残念ながら本当だと思います。

 

本当の意味“分かる”には、自分自身に体験・失敗・考えが必要だと思います。

知識だけで言っている人の言葉は軽すぎる

自分自身の経験として語る人の“理解”は人に伝わり魅了する。

 

その道で経験がある人実績がある人にしかついていけないですよね。

つまり、自分自身のスキル・実績として持ち運ぶには、少なくとも3年程度はないと重みが出ないということです。

 

ポイント

この時間を短くすることはできます。

他の人の2倍行動すれば、1年半で3年分です。

ただし、期間に重みがないのでしっかり実績を出すことです。そして本物だと思わせるような理論を持つことです。

最近「1年で年収〇億」とかありますが、「1年で年収〇億円の立ち上げを3連続」の方がが本物っぽい。

 

そして、どうしても3年分の経験が必要かといったら、そんなこともありません

注意ポイント

そんなにこだわることではない

3年やらないと分からないかもしれない。

あなたにとって、分かる必要があることなのかが大切。

 

【解決方法】分かる必要があるものとないもの

では、それはどう分ければいいのか。

分かるまでやるべき

  • この仕事には意義があると思っている
  • 子供のころからやりたいことだった
  • 明確にこの経験が必要な理由がある

辞めたいと思っている原因と、その仕事を選んだ理由を天秤にかけてください。

釣り合っているか少し辞めたいに傾いている程度なら、もう一度しっかり思い出して考えましょう。

成功を収めたのに、突然辞めてしまう人っていますよね。

本当にやりたいことがあるからなんです。

本当にやりたいことというのは、それほど人を突き動かします

しかし、本当にやりたいことに気づくのは結構時間がかかる

今、その仕事がまさにそれであってもおかしくはない。

 

分かる必要はない

  • 無駄な仕事をしている時間が惜しい
  • 仕事自体に疑問を感じる
  • 大した理由もなく選んだ仕事

時間が惜しいのは、すでにその仕事に未練がない証拠です。

仕事に疑問を感じていたら、早く違うことも経験したほうがいい

理由もなく仕事を選んだなら、理由を探すことの方が先決です。

今の環境を変えることによって得られることのほうが多いはずです。

“流されているだけ”“面倒だからいるだけ”にならないように注意!

 

【新卒の悩み④】一番マズいのはどれでしょう?

最後にもう一度確認しておきます。

マイナスなイメージ「押し売り?騙してる?」など、自分の仕事に疑問を持ったまま働くのはよくない

お客様や同僚にも失礼です。

何より、一番騙さないといけないのは自分です。

 

  • その仕事に意義を感じるか
  • その仕事はお気に入りになり得るか
  • その仕事を笑って汗かいてやる自分が想像できるか

 

ちょっと難しいテーマだし、永遠のテーマです。

悩んで悩んで、考え抜いてください。

自分に嘘はつかないでくださいね!

自分らしさが顔を出してきますよ。

 

転職サービス一覧はこちらから。

まとめ一覧
【転職支援サービス・サイト・エージェント】まとめ一覧

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-仕事辞めたい, 会社で起きる問題

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.