企業内キャリアコンサルティング

会社で起きる問題

『企業内キャリアコンサルティング』を導入すると離職率が上がる!?

だからキャリアコンサルタントとして感じる悲しい現実。

企業内でキャリアコンサルティングをすると「社員が辞めちゃうんじゃない!?」と思っている企業担当者がほとんどなのでは?

実際にキャリアコンサルを受けた人はどうなるのか?

実態と企業内での可能性は?

『企業内キャリアコンサルティング』で心配されること

離職率が上がる!?

これ、ほんとによく聞くことです。

「社内でキャリアコンサルなんかしたら、社員が辞めちゃうんじゃない?」

キャリアコンサルタントとしてはもう少し理解を得られるように頑張らないとな~と思います。

 

キャリアコンサルタントは転職エージェントではないので、転職を勧めるようなことは絶対にないし、むしろ社内で出来るキャリアアップや主体性アップにフォーカスします。

なので真逆の効果は期待できるわけですが、「社員が自分の意思を持ったら離れちゃうんじゃない?」と思われてしまうわけですね。

でも実際には、「企業内でキャリアコンサルをしていて離職率が上がった」という声を聞いたことがありません。

 

それと、「何の意味があるの?」とも思われてしまいます。

「面談ぐらい上司ができるよ」と。

 

実際は、面談は出来ても「1on1」は難しい

なぜなら上司はキャリアやカウンセリングの専門家ではないこと。

そして、すでにそこに上下関係や利害関係があるために、カウンセリングに最も重要な「フラットな立場」で行えないこと

 

社外に委託するのが怖い部分でもありますが、社内では成果を上げられない部分でもあるんです。

 

離職が出ないわけではない

離職率は下がるかもしれないけど、キャリアコンサルをきっかけに離職を考える人がいないかといったらそんなことはないはずです。

「自分の本来やりたいこと我この会社では実現不可能だ」と自分自身で気づいた方は、離職を考え出すかもしれません。

 

でも、それは会社にとって悪い事でしょうか?

本来進みたい方向が会社と違うのにその人を留めておくメリットは、ただ単に人手不足を補うための時間稼ぎになってしまいます。

 

それに、「進みたい方向が会社と一致している」「会社と共に歩んで行ける」と自覚する人の方が多いんです。

それなのに、自分が何をしたいのか迷った挙句に退職してしまう人が出る方がよほど大きい損失です

 

離職が出ないわけではないですが、

  • 社員の迷いが消えて主体性が生まれる
  • 明確に会社と方向性の違う人が離脱する

マイナスにはなっていないですよね。

 

『企業内キャリアコンサルティング』の成果

転職を考えて相談に来る方の8割が?

実際にキャリアコンサルを個人で受ける方がどのような結論を出すか。

「転職しようかどうか迷っている」と相談に来る方はたくさんいます。

 

転職をまだ決めていない場合、実は8割の方が

『まだ自社で出来ることがあるから、転職はしない』

と結論付けます。

 

かなり意外なのではないでしょうか?

でも、超現実的です。

出来ることを広げる、可能性を広げるのがキャリアコンサルですから、わざわざリスクを取って転職する前に出来ることをやるというのは当然のことです

それでも辞める人いう方は、すでにかなり追い詰められている方なんです。

 

「転職は決めている」と相談に来た方でも、2割ぐらいの方は「やっぱりもう少し様子を見る」と考えます。

転職エージェントとキャリアコンサルトはかなり真逆の成果を生むことになるんですね。

 

『1on1』目的の統合~自分=会社

最近よく『1on1』という言葉が使われるようになりました。

実際にこれが機能する状態になるには、第三者を入れることが効果的です。

理由はやはり、上司では立場の関係上ナチュラルでフラットな1on1が難しいから。

 

私たち専門家の間では、このようにフラットな状態で対話ができることを『自己一致』と呼びます。

ありのままの自分であれる状態の相談者と面談者が、1on1の条件と言っていいですね

そこに評価や前提条件があってはいけないわけです。

 

そうすると、自分の本来向かいたい目的が見えてきます。

会社はそれを叶えるための資源場とありますから、ほとんどの場合辞めるメリットはありません

 

これからの人生100年時代では、個人がキャリアに責任を持つ時代と言われています。

会社が80歳まで面倒をみてくれるか分からないので、みんな不安なわけです。

でも、会社にいながらも出来ることはある

自分のキャリアには自分で責任を持って、安心して働いてくれる方がいいですよね。

 

『主体性』を持つ

結局ここにたどり着くのがキャリアコンサルです。

ほとんどの人は、漠然と仕事をし、漠然と不安を抱えます。

 

「これでいいのかな?」と思いながら働いていると、目的なく所属しているようなもの。

それは何か辛いことがあれば、辞めたくなりますよね。

 

でも、自分のキャリアに理由を持っている人は違います。

会社に頼りぶら下がることはなく、貢献を続け、実績を積み、目的を持って働こうとします

 

だから会社は必ずいい方向に行くんですね。

それが企業内キャリアコンサルティングのできることです。

 

興味があればぜひ、僕にお問合せください!

「hikarikata!」宮内に問い合わせ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-会社で起きる問題

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.