会社のベクトル

会社で起きる問題

【会社のモチベーション】『理念』だけじゃダメ!『原点』から⇒を!

「ウチにはしっかりした理念があるのに、なぜか社員のモチベーションが上がらない。」

そんな時、理念が絵に描いた餅になっている可能性がある。

そうなってしまう原因は、理念の“見せ方”にある。

ただ未来を見せるだけではダメ!

理念は『柱』で見せる

『理念』だけでは絵に描いた餅になる理由

「理由」なき理想

「理念が“絵に描いた餅”になっている。」

会社の問題としてよく言われることです。

 

この原因は会社の体制や取り組み、それぞれの一貫性など様々あるが、そもそも最初から“見せ方”がマズイ場合がある。

『平面』で見せているから『絵』になる

そのまんますぎるんですが、紙に書いたような平面で見せているから、それは薄っぺらいよねということです。

 

もちろん物質的な話ではない。

『未来だけ』『希望だけ』『望みだけ』を見せることは、平面的なんです

それでは本質を捉えられない。

つまり、“理由”が必要なんです。

 

理由の延長線上に理念があるから初めて、社員は自分と重ねてみることができたり、歩む場所を特定できたりする。

立体的でないと“ベクトルが生まれない”んです。

 

問い「どうして?」への答え

例えば誰かが「○○したいんだ」と言ったら、「ああ、俺も俺も!」とすぐ返す人がたまにいます。

まだ“理由”を話していないにも関わらず、上からかぶせる形になる。

このコミュニケーションがなぜ気持ち悪いかとうと、『ホントに意味分かってて言ってんの!?』となるからですね。

 

早とちり、拡大解釈、過小評価、漠然、思い込み。

いろんな相違がまだ存在しているかもしれないのに、勝手に終わらせようとしてしまう。

人に興味がないからかもしれないし、“めんどくさいから”かもしれません。

 

友人とのコミュニケーションだったら問題ないかもしれませんが、会社と社員なら話は別です。

理念を「早とちり、拡大解釈、過小評価、漠然、思い込み」されていませんか?

 

人それぞれの回答を、勝手に持ってしまっている。

ひとつの太い柱であるはずの理念が、何本もの細い糸になってしまっているということ。

 

これを回避するには、

「○○したいんだ」に対して、「どうして?」と聞くことですよね。

その理由を聞いて、深いうなずきと共に理解をしていくものです。

 

スポンサーリンク

 

軸を与える『原点』

『原点』=『衝動的想い』

だから理念は、平面ではなく立体。

始まりの点、原点から見せていく

 

これ、あくまでも点です。

この一点がなかったら、今の会社はなかったという原点のことです。

衝動的に得たなにかしらの『想い』から始まっているはずなんですよ。

(そもそもそれがないということは、薄っぺらいということ)

 

よく、理念を想いと表現している場合がありますが、僕にはどうもしっくりこない。

理念は未来にあり、未来に対する気持ちは『願い』だと思うからです。

 

つまり、

『想い(原点)』→「歴史」→『願い(理念)』

という連なり。

この一本の連なりを見て、社員はようやく“本当の理念”を捉えるわけです。

 

なぜこの会社が始まったのか、この会社が向かっている所はどこなのか?

今はどのあたりを走っていて、何をしなければいけないのか?

何をすればいいかが分かれば初めて、“主体性”も生まれてきます。

 

会社は未来をつくるためにあるので、どうしても未来の事ばかりを語りたくなります。

でも社員が知りたいのはそれだけではない。

「いつ、だれが、どんな想いで、何をはじめたの?」

「ああ、昔は大変だったんだな」

「今の環境はとてもありがたいな」

「この人の想いにとても共感するな」

「社長も昔は自分と一緒だったんだな」

そうやって原点を知ることで、じわりじわりと会社と自分が一致していく感覚を得ていきます。

 

会社の原点を知る人間と知らない人間では、10と100ぐらい理解度が違うと思っています

 

理念は『柱』で表現する

『軸』を示すイメージです。

「会社の軸はここにあるけど、寄ってきてくれるかい?」と。

それぞれに思い思いの場所で動くのではなく、「同じベクトルの中でやっていこうよ」と。

 

ベクトルとは、原点から始まった流れが、過去にどこを通ってきて、いまどこを通っていて、未来のどこを目指しているのか。

未来だけ見ていたら、出発点が違うからベクトル(矢印の方向)はズレる

これが原因となって、「なんだかみんなまとまらないなあ…」となってしまうんですね。

 

まさに理念は、平面の絵で見せれば絵になってしまうということです。

本当はその裏に、計り知れない想いや苦しくても通ってきた道があるはず。

それらを自己開示し、立体的に『柱』で見せることで、社員は本当の姿を捉えてくれます。

 

創業からを振り返ってムービーをつくったりするのもいいでしょう。

ホームページに載せているだけでは、なかなか伝わりません。

社員は「どうして?」なんて聞いてくれないですから。

 

もっと積極的に会社の歴史をさらけ出すこと。

意外なほどに社員が理解を示してくれるのが分かるはずです。

 

オンラインサロン・メンバー募集中→『つくば親と子のキャリア教育アカデミー』

つくば親と子のキャリア教育アカデミー

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-会社で起きる問題

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.