会社の将来が不安

仕事辞めたい

「会社の将来が不安」と思ったら~考えを整理して行動を選択しよう!

2019年7月7日

「俺の会社将来性ゼロだわ~」

「私はこの会社でずっと働けるのかな・・・」

会社の将来に対する不安ってありますよね。

会社勤め17年!10年間人事のトップを経験した私の見解を話しましょう。

「将来性ありません!

「ずっとは働けません!

 

あなたの直観は正しい

いきなり無責任なことを言いましたが、こういうことです。

そう思うということは、もっと自分のために準備できる何かがある証拠です。

言い換えれば、自分の可能性を信じているんです。

そしてそれはその通りですよ!

あなたはもっと輝けるんですよね。

だから体や頭がサインを出してくれています。

「このままじゃイヤだ~!」と。

 

会社の将来性を信じて、もし努力を怠ればお荷物になってしまいます。

社員にある程度の危機感があるから、会社は成長していけるものです。

いたって健全な不安!

安心して思考停止してはダメですよ。

ずっと働けないかもしれないと思って準備をしておきましょう。

 

不安になるわけを整理する

漠然とした不安のなかには、必ず要因があります。

不安になる代表的な要因

  • 体力がいつまで続くかわからない。
  • 経営者は一族経営、いざとなったら切り捨てられるかも。
  • 売上が伸びない、ウチの会社は資金が回っているのか。
  • 方向性があいまいで、どこに向かっていくのかわからない。
  • 周りの人とどうやら波長が合わない。会社に合っていないのかも。
  • つまらない。ずっとこんなことの繰り返しはイヤだなあ。 

いかがでしょうか?

他にも複雑な理由がある人はたくさんいるかもしれませんね。

 

直観的にイヤだな~と感じたら、次は論理的に結論を出してみましょう。

本当にそうなのか”です。

例えば「体力」の問題なら、以下のようなことを調べたり聞いたりすることです。

体力が不安・・・

・何歳までの人が働いているのか

・体力を使わずにできる仕事があるのか

・その仕事に自分が就ける可能性はあるのか

・社長はどのような考えを持っているか

もし、体力がなくなったら自分はどんな扱いになるのかを考える。

会社がこの問題を解決する答えをくれたら最高ですね。とっても社員に優しい会社です。

しかし実際は、不安に思っている時点で満足な答えが出ないことが多いはずです。

 

ポイント

不安が本当にそうなのかどうかを明確にしないまま、漠然と不安を抱えていることが多いのが現実

こういった真実を知ることは怖いですから。

だけど自分のためにはなっても、ためにならないことはありません

まず一歩を踏み出しましょう。

 

会社の中の自分より社会の中の自分

原因がはっきりしたら、次に“どうするか”です。

もっと言うと、“自分には何ができるか”です。

また「体力」の例で言うと、

体力の不安を解決するためにできることは?

・配属先を変えてもらうことはできるのか

・転属先でも給与を維持する働きができるのか

・新しい働き方の創出ができるのか

・新しい価値を生み出すことができるのか

下に行くほど、難しいですよね。

だけどこれをできる社員を会社が手放すわけがないんです。

逆に言えば、何もできないのなら給料泥棒になってしまいます。

そうです。厳しいですがこれが社会の現実。

せっかく読んでくれているのならそう思ってほしいんです。

 

ただし、本当はできるのにできないと思ってる人はすごく多いです!

可能性を自分で狭めないでください。

聞かないとわからないこともありますから、諦める前に上司に相談してみることをおすすめします。

そして、会社でやっていく可能性と同時に転職の可能性も常に考えておいくこと。

その方が、会社に頼らず自分で責任を持つ思考になります。

ポイント

不安を抱えた時点で、あなたにはすでにその課題を解決する力があるはず!

 

客観的に”自分を見てみましょう。

会社の中にいると、知らないうちに偏った情報の中にいると思ってください。

「辞めたやつは苦労してるらしいぜ!」

なんて誰かが言っていたら、なんとかこの会社でやっていかないといけないといけないと“うまくやる”方法を探してしまいます。

上司に媚びたり仲間外れにしたり・・・そんな人の集団にいたくないですよね。

だから広い社会で見たらどうなのか情報収集しましょう。

ネットでもでも、古い友人や元同僚と話すのもいいでしょう。

ポイント

なりたい自分になるために、背中を押してくれる情報をかき集めよう!今までより広い範囲まで探しに行こう!

 

必要なのは会社にいるとしても転職するとしても、

自分の力を信じる勇気です。

必ず、自分にできることがあります。輝ける場所があります。

諦めたら見つからないですからね。

私が今まで見てきた何百人の学生、辞めていった社員、みんななんとかやってますから!

「なんとかなる」ってことです。

 

転職する勇気

転職を考えることにマイナスイメージを持つことはありません。

なぜなら、転職を考えたくない大きな理由に“苦労したくないから”ということがあるからです。

転職する勇気

「今の会社にいれば給料が保証されているから・・・」

「私にはこれしかできないから・・・」

「こんな俺を雇ってくれる会社があるわけない・・・」

これ、危ない考えです!

 

「給料なんて最低これだけあればいいじゃないか!」

「独立だってできるはずだ!」

「自分はきっとどんな会社でもやっていける!」

これでいいです。

 

楽をしようと思ったら先を越される。

うさぎとカメですね!

まだ本気出してないだけです。

リストラされたらみんな本気出して絶対なんとかしますから。

ポイント

本当に大事なことのために、身軽になりましょう!

 

「会社に申し訳ない」という気持ちがあるかもしれません。

それはその通りかもしれません。

だったら転職しなければいいんです。

ただし広い社会の中の自分を意識し、会社の中で思考停止することだけは避けないといけないですよ。

どの場所にいても、自分の可能性を広げるマインドになることは大事。

あなたが社長だったら、そういう社員の方が魅力を感じるはずです。

 

ポータブルスキル

大切なのは、自分の判断。自己責任。

最後に頼れるのは自分の力です。

 

会社がなんとかしてくれるから・・・

なんて言ったら、社長がかわいそうですよ!

もっと楽にしてあげてください。社長だって人間ですから。

 

会社の将来が不安になったら、自分の将来を切り開くチャンスです。

その会社でしか役に立たない肩書なんてない方がいいです。

どこにでも持ち運び可能なスキルが見つかったら最高!

今はなくても、それを探しながらはたらくことで少しずつ自分は成長していきます。

それが生きていく力です。

 

持ち運び可能なスキルはそのまんま、「ポータブルスキル」と言われます。

これはこの会社でなくても通用する!

と思えたら、より自分の力に自信が持てますね。

こういった力を磨くと、市場価値が高くみんなが憧れる人材になることができますよ。

ポイント

ただ漠然と働くのではなく、ポータブルスキルを身に付けることを意識しながら働きましょう!

 

オープン・ザ・ワールド!

可能性を狭める必要はありません!

もっとあなたの魅力を表現してください

  • 会社の将来が不
  • 他の会社に目が行
  • このままじゃイヤ

と感じたら、あなたはすでに今の会社に狭さを感じ外の世界を求めています

外の世界を知ることは、今の会社にいるとしても転職するとしても必要です。

 

今の悩みは本当の自分からのサイン

自分の力を広げるチャンス

会社でもっと活躍するチャンス!

逃さないでくださいね。

流されない自分を確立して本当のかっこいい大人でありましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-仕事辞めたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.