退職代行

仕事辞めたい

【退職代行】「仕事辞めたいけど後が怖くて使えない」という人に勇気を

2019年8月29日

今回は『退職代行』についてです。

なぜかというと、退職代行を使いたいけど後が怖くて使えないでいる人が本当に多いからです。

最先端の精神力効率化サービスを使わないのはもったいない。

まだチェックしていない方はまずサービス内容を確認してみましょう。

5万円は決して安くない。

だけどそれを使ってまで退職したいと思っているということですよね。

今すぐに解放されたい、辛く重い気持ち・・・。すごく分かります。

僕の人事としての経験と退職した後の経験をもとに書いていきますので、あなたの気持ちの整理に少しでもお役に立てればと思います。

 

会社はどう思っている?

まず、リアルな話会社はどう思っているかです。

僕は人事部長でしたから、結構生々しいですよ。

 

会社は退職を断ることはできない

大前提です。

退職するのは個人の自由

厳密に言うと2週間前に退職願いを出した方がいいとか、雇用契約に定めてある通りにしないといけないとかありますが。

ポイント

ぶっちゃけ会社はその通りでなくてもいい。

リスク回避のために書いてあるだけです。

早く辞めても問題ないなら、会社はすぐに辞めさせてくれます。

「最低1か月前に退職願を出すこと」など書いてあっても、本当にその通りに出来るケースばかりではありません。

そのルールは守られていない可能性が高い

雇用契約書に書いてある退職についての事項は見ておいた方がいいかもしれません。

注意ポイント

「突然の退職には給与を支払わない」などの記載を確認しましょう。

大抵の場合1か月~2週間前に退職願いを出すこととされていますが、定めがなければ原則2週間です。

「就業規則」の退職に関する事項

「雇用契約書」もしくは「労働条件通知書」

をチェックしましょう。

ちなみに、就業規則は誰でも見れるようになっていないと違法

雇用契約書(労働条件通知書)はもらっていなければ違法です。

もっとも、労働条件が違うなどの理由があれば即日退職は可能です。

汐留パートナーズ法律事務所弁護士さんですから、まず相談してみるといいですね。

労働においては個人は圧倒的に法律に守られています。逆に会社を守るために、会社は「就業規則」や「雇用契約書」を作ります

原則:働いた分は払わないといけない。払わなくてもいいケースはどこかに書いてある!そしてそれを隠したら違法!

こういうことは会社の人に相談しても、ちゃんと教えてくれない可能性が高いですよ。

 

本音は「じゃあ辞めれば?」

これは本当に多いリアルです。僕は「辞めたい」という相談をされた時はとにかく話を聴くことだけに徹しました。

本人の奥にある本当の気持ちが知りたいからです。それは次の章で書いていきますね。

良く考えれば、会社は辞めたい人を止めるメリットがそんなにありません

メモ

辞めたい人を止めると、その人はさらに追い込まれます。

すると生産性は低くなり、本来の力を発揮できません。

さらに周囲の人と辞めたい理由を共有します。

結果さらに退職者が増える。

しかし、

「辞めれば?」と思っていたとしても、会社は言えない。

これを言ってしまったら「解雇」とか、下手したら「不当解雇」と言われてしまいますからね。言えないんです。

実際、僕もいましたよ。「一緒にやる気がないなら辞めればいいのに・・・」と思う人が。

その人が辞めたとしても、会社は「後から追って損害賠償させる!」なんてリスクと労力を使うことはしません

 

僕(人事部長)が社員を止める場合

僕の場合は、決して人数不足だからなどではありません。人数不足なのに辞めたい人を残すと悪循環を起こします。

時間も労力も使ってわざわざ止めるのには、それなりの理由があります。

 

本当は辞めたくない

よく話を聴いていくと、奥の方にある気持ちが次第に見えてくることがあります。

(あ・・・本当は辞めたくないけど苦しいんだな)と。

この場合は色んな提案をします。

メモ

・異動してみてはどうか?

・違う仕事をしてみてはどうか?

など、環境を変えると良くなることもあります。

ポイント

たいがいは人間関係による不満です。

仕事自体が嫌だったり会社の方針自体が嫌だったら、本当は辞めたくないとはなりません。

この場合は人間関係の構造を変えればクリアできる

 

よく考えていない

感情的になる場合が多いです。

特に周囲の人の言うことに流されている場合。

ポイント

本当に辞めたいかどうかは自分の心に聞くべきです。

(あ・・・自分で考えてないな)と思ったら、良く考えるように促します。

親が言っているから、友達の会社の方がいいから、などの理由には自分がどうなりたいかが含まれていません。

しかし、この時にも無理に引き止めることはしません。

「よく考えてみなよ。」と一度クッションを挟む程度。それでも辞める気持ちなら、辞めた方が本人も会社もスッキリします。

 

“後”は怖くない

責任感が強い人ほど、自分が抜けてしまうことによって迷惑がかかると思い込んでしまいます。

僕は辞めていく人を多く見てきたし自分も辞めましたが、そんなこと思う必要はまったくありませんでした。

 

退職した人をいちいち覚えていない

会社は2、3か月もすれば退職者も過去の人になります。

当然、何事もなかったように会社は回っていきます

参考

僕は人事部長という立場でしたが、最終的には「僕がいなくても全然大丈夫」と思えたことが大きかったです。

むしろ人件費も高いので経費削減になる!と思えました。

特に新卒で入社してはじめての転職・退職となると、躊躇する気持ちは本当によく分かります。

そうして苦しむ人達をたくさん見てきました。

だけどこれは良くも悪くも日本の文化で、時として人の自由を奪います

ポイント

これからの社会は転職・退職が当たり前になっていきます。

当然、退職代行も当たり前

企業はこれを受け入れていけないと生き残っていけません。

ましてや先ほども書いたように「損害賠償させる」とかいう行動に出るのは、会社の金を持ち逃げされたとか名誉棄損されたとか、余程のことがない限りありません

辞めた人に対して、会社としての手段は何もできない。嫌がらせのように何かをする理由も労力もありません。

会社はすでにどうやって儲けるかを考えています。

 

辞めた組の方が多く強い現実

さらに、辞めてみて分かることがあります。

その会社を過去辞めた人数と今在籍している人数。どっちが多いと思いますか?

おそらくある程度の会社ならば辞めた人の数の方が圧倒的に多いはずです。

ポイント

辞めた人たちはみんな、辞めてよかったと思っている

退職したら辞めた人たちとまた繋がることができる

それぞれが違う仕事についたり独立したりして、刺激をもらえる

つまり、新しい世界はどんどん広がっていく

僕は本来社会というのはこういうものだと思います。

注意ポイント

今の時代、1社に長く在籍することは可能性を狭めてしまう可能性がある。

パラレルキャリア、パラレルワークの時代。

スキルアップ転職を繰り返したり、会社の枠にとらわれないことによって、未来はどんどん明るくなる

会社の人ではなく、転職した人や辞めた人の話を聞いてみましょう。やりたいことが見つかってしまうかもしれませんよ!

 

そのエネルギーがもったいない

前向き燃焼へ

辞めたいと思って気を揉んでいる時間も精神力ももったいないです。

そのエネルギーはもっと他に使うべき。

  • 転職先探し
  • やりたいこと探し
  • 身に付けたいスキル探し

などなど。今の会社に縛られないと思ったら、やることはいくらでもあります。

僕としては、一度ゆっくり休んで本を読みまくることをおすすめします。

 

辞めた後のキモチ“スッキリ”

辞めた人しか味わえないですね。目の前がパーっと明るくなります

今まで絶望していた自分が嘘のように。まさに解放ですね。

ポイント

今まで見えなかった“空”が見えるようになったり、どうでもよかったことに取り組みたくなったり。

心が豊かになることを感じます

なんで早く辞めなかったんだろうと、ほとんどの人が思います。

転職先が見つからなかったりしたら焦りますよね。だけど、どうにもならないことなんてこの日本でないんです

僕は転職先も決めず、家のローンも3000万円背負ったまま、切りのいいところでスパン!と辞めちゃいましたよ。(笑)

僕も本当に唯一の後悔と言えば、早く退職しなかったことです。

 

退職代行の価値

僕は辞めるまでに何か月もかかりました。

いや、疑問を持ち始めてから考えると“何年”かもしれません。

本当に早く辞めればよかったと思っています。

ポイント

時間だけは取り戻せない

結論を出すのに時間がかかったとはいえ、本当は心が決まっているのに色んなしがらみから抜け出せないでいた

結果、一番大切な自分の時間を無駄にしてしまいました。

退職代行の価値は、精神的なエネルギーを前向きな方にシフトさせてくれること。そして時間も有効に使わせてくれることです。

せっかくあるのに、悩んで貴重なエネルギーと時間を消耗しないでくださいね。

 

 

退職代行はこちら

退職代行「EXIT」

退職代行といえば、というぐらいの代名詞的存在です。

業界のパイオニアであり実績はトップ。もう何も迷わない、早く退職したいという方はこちらで全く問題ありません。

今回は上記の関連記事リンク先にも紹介しています。

EXITに相談

 

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービス

この記事を見ていただいた方は何かの“不安”を抱えていると思います。

そんな場合は弁護士の退職代行をおすすめします。

こんな方におすすめ

  • 法的なプロフェッショナルのサポートがほしい。
  • 未払い賃金・退職金がもらえるのか不安。
  • 会社から損害賠償されるのではないかと不安。

今回この記事を書いた理由は、この汐留パートナーズ法律事務所の存在です。

退職するときの一番頼りになるパートナーは弁護士さんです。

法的なルールなどは会社に聞いても正しい情報は出てきませんが、弁護士さんなら間違いありません

退職代行を使いたいけど不安で迷っているという方には一番いいと思いますよ。

汐留パートナーズ法律事務所に相談

早くその辛い気持ちから解放されることを願っています!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-仕事辞めたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.