NG退職

仕事辞めたい

これはキツイ!【NG退職】元人事部長が絶対して欲しくない退職!

元人事部長として、「こんな退職はして欲しくない!」と思うことがあります。

それは『無断退職』『急な退職』です。

どんな理由があろうとも、もう少しやり方があるんじゃない?

もう学生じゃないのなら、雇用という契約の意味を理解して働いていかないとね

【NG退職】無断退職は本気でキツイ!

人としての信用を失う

僕が人事をやっていて、本気でこれはイヤだと思っていたことがあります。

そのひとつが『無断退職』です。

ほんとのほんとの、本気でキツイ!

 

まず、本気で心配するんですよ。

一人暮らしの人だったらなおさら、「家で何かあってヤバい状況なんじゃ…」と思いますよね。

だからどうあっても、そのままスルーするわけにはいかないんです。

 

それに、会社はほとんどの場合チームで動いているので、かなりの迷惑がかかっています。

しかも連絡がつかないものだから、チームもどうすればいいか分からない。

宙ぶらりんのままあやふやにしていたら、今度は会社が責任を問われます。

 

改めて言います。

ほんッと―に、キツイ!!

大事件です。

 

そしてSNSや身元保証人を通じて安否が確認されると、社員の感情は真逆に働きますよね。

無断で会社をやめてしまう人は、色んな人に迷惑を掛けていることを本当の意味で分かっていません。

人としての信用を失ってしまうんです。

 

「連絡しづらくなって…」は自分優先

たとえばよくある例として、「体調を崩して連絡できず、そのうちに連絡しづらくなって…」という理由。

体調を崩すのは仕方ないし、連絡できない時だってあります。

それは仕方がない。

 

それに会社側にだって悪いところはあるでしょう。

行きづらくなってしまう原因は会社の人間関係や仕組みにあるかもしれない。

しかし、それでもです。

連絡をしないのは、自分の都合を優先してしまっている。

 

会社側はどうしたって、明らかにしなければいけないんです。

そのまま給料だけ振り込んで知らんぷり~なんて無責任なことは出来ない。

連絡のひとつさえもらえれば、それで安心するんです

 

連絡しない日が伸びれば伸びるだけ、状況は悪くなる一方です。

 

スポンサーリンク

 

【NG退職】2週間以内は急な退職!

「今日で辞めます!」も絶対ダメ

これもキッツイことです。

「今日で辞めます」というやつです。

即日でなくても、2週間以内は『急な退職』だと感じます。

 

職場にもよると思いますが、オペレーションやシフトの調整が効かない期間です。

新人であっても、研修担当の先輩が時間を作っているかもしれません。

 

やはりポイントは、多大な迷惑を掛けてしまうということ

理由を聞いて「それなら仕方ないね」と思える人もいます。

でもたまに、「何も分かっていないんだな…」と感じる辞め方をする人がいます。

 

その違いは、退職したい理由を説明をする姿勢にあります。

理由よりも、姿勢を見て感じるんです。

 

耐えられないなら説明を

理由が理由なら、会社も2週間引き延ばすことはしません。

すぐに退職した方がいいと感じたら、即日離職や求職をさせてくれるでしょう。

大切なのは、しっかり説明することです。

会社側が到底飲めないような軽い説明しかしないで軽く辞めるのは、会社側もどうしたらいいか分かりません。

論理的に説明さえすれば、この社会でそうそう問題はおきません

 

ただ、ちゃんと整理して言語化できない状況の人も多いはずです。

だからこそ退職まで至るんですから。

その場合は、感情をとにかく伝えようとすればいいと思います。

多少波風立つとは思いますが、頑張って言語化しようとする姿勢が“誠意”として伝わるはずです

 

今は退職代行などのサービスも増えてきました。

自分で出来ないなら、お金を払って代行してもらうのもひとつです。

 

スポンサーリンク

 

退職日は契約で決めるもの

「会社のせい」の勘違い

『無断退職』や『急な退職』をする人の多くが、勘違いしていることがあります。

それは、「自分の果たすべき責任」についてです。

 

そもそも入社とは、自分の責任で決めるものです

無理やり引っ張って連れてこられ、働いている人はいないでしょう。

 

退職する時には、自分が悪いと思っている人もいれば「会社のせい」と思っている人もいるでしょう。

「申し訳ないとは思っている」と思っているなら、なおしっかりと伝えるべきです。

「会社のせいだから」と思っていたとしても、退職の時だけ自分に何の責任もないわけはないんです。

 

もっと正確に言いましょう。

入社も退職も、会社との契約です。

一方的にジャイアンのような辞め方をするのは大人とは言えませんね。

(もちろん色んな状況はあり得るので、一般的にはという話です)

 

この契約をしているという自覚が足りない社会人は本当に多いと感じています

 

雇用は『会社との契約』

厳しい話ですが、契約を反故にする社会人はまだ社会人とは認めてもらえません。

どうしても連絡することができない状況やすぐに辞めないといけない状況は当然あります。

許せる人も許しがたい人もいるのも事実。

『会社との契約』を学生の延長線上で考えていると、そんな時に誠意ある説明ができません

「分かって欲しい」と思うばかりで、会社に分かってもらうための努力を怠ってはいけない

 

すぐに辞めたいことを分かって欲しいなら、自信を持って伝えればいいんです。

契約なんですから。

本当に会社の悪いところが多く、会社のせいで退職するのだとしても、辞め方を違えば結局自分のせいになってしまいます

 

社会人になったら契約の世界。

論理的に大人な辞め方をできるようにしたいですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-仕事辞めたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.