会社辞めたい?仕事したくない?

仕事辞めたい

「会社辞めたい」と「仕事したくない」は違うよね?拒否対象は何!?

新社会人が期待や不安を胸に仕事をはじめていく。

そして誰もがいずれは「転職」を考えたり経験したりしていく。

『自分のキャリア』をしっかりと歩んでいくためには、『離職』に対する自分の姿勢を知ることが大切です。

未来の分岐点に正しい判断をするために!

『離職』の正しい判断を

ほとんどの社会人が通る道

『離職』はほとんどの社会人が経験することです。

転職するにしても、独立するにしても離職することになる。

 

社会人になって入社した最初の会社で、定年まで働き続けられた人は本当に稀なんじゃないでしょうか。

さらに大切なことは、

これからの社会では、よりその傾向が強くなる

転職・離職は何度も経験するものと思っておくべき。

 

僕は人事部長として、辞めていく人たちを何人も見てきました。

その中で、離職する姿勢に大きく2つあることが感じ取れました。

  • 「会社を辞めたい」
  • 「仕事したくない」

 

なんとなく、違いが分かると思います。

「会社を辞めたい」

仕事自体は嫌ではない。

人間関係や評価など、その会社独自の問題が原因で退職したい。

「仕事したくない」

仕事するのが面倒で、やる気が起きない。

想像と現実のギャップを受け入れきれない

 

当然、離職するなら前者の理由の方がいい。

だけど問題は、気づいていない場合です。

 

注意ポイント

本当は「仕事したくない」のに、会社の環境のせいだと思い込んでいる。

本人が気づかず、自分に向き合えていない場合がある。

 

『自己理解』が必須

僕たちキャリアコンサルタントの中では、自分を理解することを『自己理解』と呼んでいます。

そのまんまですね。

キャリアでは、『自己理解』がとっても重要。

 

今回の離職の問題についても同じです。

 

離職の正しい原因・要因をつかめていないとどうなるでしょうか?

自分の問題を環境のせいにして過ごしてしまうと、自分が社会的に成長しない。

つまり、『キャリアストップ』してしまう。

 

そしてこれは、他責にすることだけが問題ではありません。

本来自分のせいではないものを、自分のせいだと勘違いしてしまうことも大きな問題です。

 

どちらにしても、正しい認識・自己理解ができていないと、『キャリア』は伸びていきません。

特に新社会人にはここを伝えておきたいですね。

『離職』の原因・要因は、自責・他責など考えず客観的に捉えよう。

スポンサーリンク

 

『拒否対象』は何?

『自己理解』は、特に“自分の心の状態”を知ることが大切です。

自分は何を拒否している?

「会社を辞めたい」ということ

「会社を辞めたい」場合は、仕事は続けたいのに何らかの理由で“もうここには居られない”と考えている状態ではないでしょうか。

  • 上司のパワハラがひどい。
  • 同僚と全く気が合わない。
  • 会社の方針が自分に合わない。
  • 業績不振で将来が不安。

などなど。

 

特に“愚痴・陰口”となって現れることが多いものですね。

この理由で退職する人は本当にたくさんいます。

それだけに難しい。

 

「本当に環境のせいなんだろうか?」

 

本人が未熟なことを棚に上げて、会社のせいにしているかもしれない。

だけど、すべてを自分のせいと思うことはまた、正しい判断をさせなくしてしまう。

環境のせいなのか?

自分のせいなのか?

それはどちらでもいいと考えてみましょう。

 

どちらなのか判断する必要はありません。

常に両方が存在していると思えばいいんです。

 

白黒はっきりさせなくていいというわけではありません。

白と黒、両面をちゃんと見るということです。

 

ポイント

「周囲の環境がこうだから」

「自分の状態がこうだから」

両面から考えること。

 

「仕事したくない」ということ

では、「仕事したくない」ってどういうことなんでしょう?

自分のやりたいこと。やるべきこと。できること。

何も見つかっていないということ。

つまり、社会的な発達段階がまだ進んでいないということです。

自分の光る場所を探している途中。『自己理解』が不足していることが多い。

 

人間は誰しも、社会に出て検証するんです。

「ここでいいのかな?」と。

そして最初の会社でバッチリ決まる人なんて、そうそういません。

 

参考↓

理想の働き方
【理想の働き方】に気付いているか?新卒で気付く確率は1/8だけ?

続きを見る

 

若者は迷いながら、見つける努力をするものです。

そして「人生半ばの過渡期」が40歳前後でやってくる。

改めてそこで悩むものなんです。

「やる気がない」のは、本当の自分が見つかっていない証拠。

 

やりたいことが見つかるのは、他の会社・他の仕事とは限りません。

今の会社で今の仕事を続けて見つかる可能性だってある。

 

「仕事したくない」と思ったらまず、『自己理解』する努力が必要です。

 

自己理解不足はいつまでも問題を引きずる

いつまでも『自己理解』から逃げてしまうと、良いことは何もありません。

 

たとえば「人生半ばの過渡期」では、40歳になって本当の自分の在り方に悩む。

40歳になって全く違う自分に気付いても、全く違う庭に転職するには遅すぎる年齢です。

 

また、いつも環境のせいにして転職を繰り返すこともそう。

この場合、自分が向かいたい方向を決めていないので、“スキルが身に付いていない”ことが多い

社会で自分の身に起きる多くのことは、『自己理解不足』が原因になっている。

 

自分に向き合うことはそれほど大切なことです。

特に社会は、主体性が全て

自分に向き合っていないと、どんどん後れを取り格差が開いていきます。

 

ポイント

定期的に自分を振り返る習慣を持つといいい。

『自己理解』をいつも念頭に。

 

自分に向き合うことだけは、拒否してはいけません。

 

拒否している対象が自分自身だと思ったら注意してくださいね。

ただし、自分に向き合うとは「自分を責める」ことではありません。

自分を責めることは、自分しか見ていないことと同じです。

周りの環境、得られる助力、自分の力、他人の思い、自分の思い。

色んな角度から見ないと正しく判断できないから、自己理解は奥が深い

 

自己理解は一生続けていくものです。

気長に、気楽に。

自分と向き合っていきましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-仕事辞めたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.