出来るビジネスマン

キャリアアップしたい

『デキる先輩』は何が違う!?しちゃいけない「仕事が早い」の勘違い

新入社員研修が終わり現場に配属されると、先輩と一緒に仕事をするようになる。

どんな現場にもいるものです。

『デキる先輩』が。

 

かっこいい先輩のように、どうしたらなれるのか?

実は、新入社員が陥りがちな勘違いがある!

先輩は仕事が速いわけじゃなかった?

「デキる先輩」は何が違う?

仕事ができるビジネスマンのイメージ

かっこいい先輩のように、早く自分もなりたいですよね。

どんなイメージに憧れますか?

  • テキパキと仕事を処理する姿。
  • あっちにもこっちにも、的確に指示を出す姿。
  • カタタタタッ!とタイピングする姿。
  • トップの成績を軽々と叩き出す姿。

 

だいたい、仕事がデキるビジネスマンのイメージはこういったところでしょうか?

スマートに、正確に、とにかく仕事が早い。

 

だけど、自分が同じようにやろうと思う時、ちょっと注意してください!

イメージと実際の行動は、違う場合があります!

 

今回お伝えしたいのは、コレ。

『仕事が早い』勘違い

 

勘違い!処理自体のスピードは?

『仕事が早い』先輩。

たとえば、

  • タスクの量が半端じゃない。
  • 成績が桁違い。
  • いつのまにか仕事が終わっている。

「自分ではどうやっても、そんなに処理できそうにない!」

そんな先輩はいませんか?

 

同じ人間なのに、なんでこんなに出来るんだろうと・・・

そうです。同じ人間なんです。

これが結構ポイントだったりします。

人間の処理能力には限界があり、出来ることにはそこまで差がない。

つまり、やり方にコツがある。

 

「なんでこんな成果が出るんだろう!?」

そんな風にびっくりする力の裏には、まだ気づいていない方法があったりするものです。

“目からウロコ”なやり方があると思え!

 

仕事が早い人。

もちろんここにも、多くの人のイメージとは違う理由があります。

 

速いではなく、早い、なんです。

 

経営者は「デキない」が多い!?

経営者の人たちを思い浮かべてみましょう。

パソコンできない人、多くないですか?

「デキる」を通り越した存在の社長、経営者たち

パソコンをずっと打っているイメージはない。

 

そればかりか、自分で営業に行きまくるイメージもないですよね。

書類整理をしているイメージもないし、スケジュールは秘書が管理してるイメージじゃないですか?

  • ITできない。
  • スケジュール管理できない。
  • 細かい書類読むことができない。

それでも、超優秀な経営者なんです。

 

そんな出来ないことづくしの人達にも、9割がた当てはまる特徴があります。

すぐにやる。

 

思い立ったらすぐにやる。

  • すぐに電話して聞く。
  • その場で決めて、その場で指示を出す。
  • 今やらないことは、やらないと決めている。

 

他の人と何が違いますか?

ほとんど何も変わりません。

ただ、早く取り掛かるだけです。

 

人はこれを、『決断力』と言ったりします。

スポンサーリンク

 

サクサク・テキパキ人材

早くやり始める

一番正してほしい勘違いはここです。

仕事が“速い”ではなく、“早い”

『デキる人材』は、早くやり始める。

すぐにやらないことは、ずっとやらない。

 

何にも難しく考えない。

とにかく、すぐにやるだけ。

 

新人のうちに、どんな成果を上げられますか?

スキルもない。経験もない。知識もない。

それでも、すぐにやることはできます。

 

悩んでいる時間はもったいないです。

考える時間を削減したと思えば、

自分にかかる人件費が効率化され、生産性が上がる。

それだけで、利益UPなんです。

 

やらないことを決めるのも“早さ”なんですが、新人のうちはその判断は難しいでしょう。

だから、

言われたことを、今すぐにその場でやりはじめる!

 

主体性の要因になったり、具体性持つことになったり、成功率が上がったり・・・

色んな理由はあるんですが、この意識を持つだけで本当に『デキる人材』に近づいていきますよ。

 

自分がやらない

これも新人のうちは難しいかもしれませんが、先輩をよく見てみましょう。

全部自分でやってますか?

 

周りの人たちに、たくさん仕事をお願いしていませんか?

『デキる人材』は自分で全部仕事をしない

協力しながら、複数の仕事を同時に進行させている。

 

「ひとつの仕事が終わってから次」ではなく、同時に進行しているから結果的に全部が早く終わるんですね。

『デキる人材』は、よくその複数の仕事の中心にいます。

 

だから、仕事が“速い”なんて勘違いです。

  • 早く決め、
  • 早く仕事を振り、
  • 早く次に取り掛かる。

 

電気の回路で言えば、電池ではなくスイッチ

仕事をたくさん抱えるんじゃなく、どんどん次に流しているんですね。

 

もちろん、ただ自分仕事を部下に丸投げして楽をするのとは違います。

ちゃんと全部を把握しているんです。

 

デキる人材は仕事がない

結果、どうなると思いますか?

なんと、仕事がなくなります。

めちゃめちゃたくさんのタスクをこなしているのに、余裕に見える。

『デキるビジネスマン』の出来上がりです。

 

ただ人に仕事を投げるだけではダメです。

こういった人は、仕事を自動化するのが得意なんです。

  • どういう仕組みを作れば、より効率化できるのか?
  • わざわざ、やらなくてもいいことをやっていないか?
  • 誰がやるのが、一番速くて正確か?

こんなことを、常日頃から考えていたりしますね。

 

「何やってるんですか?」と聞かれた時に、「そういえば何やってんだろ?」と答える人が多いものです。

 

どうですか?

こんなビジネスマンに、早くなりたいものですね。

 

そのための新人としての一歩は、『すぐに取り掛かる』ことです。

そして最後に、ワンポイントアドバイス。

終ってなくても報告しよう!

 

早く始める。

だけど、早く終わらせなくていいです。

そもそも新人に、そこまでのクオリティを求める会社は少ない。

 

クオリティを上げようと努力するより、終わってなくても「ここまで出来ました!」と報告した方が高評価の場合が多い。

 

そう。

とっても簡単!

報告したら先輩がアドバイスをくれるから、結果的にクオリティもあがりますよ。

 

早く始める。

早く報告する。

この2つをやってみましょう!

 

きっと気が付いたら同期でナンバーワンになっています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-キャリアアップしたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.