40代の転職

就職・転職ノウハウ

【40歳過ぎて転職】は無謀?安泰な会社を探すよりも大切なこととは

2020年、情勢も不安定な時代に「ウチの会社大丈夫かな?転職しようかな?」と考えている人は多いのでは。

でもある程度の年齢になると、急に求人が減っている…

「もう40過ぎてるし、今さら転職なんて無謀すぎるな」

と思っている方、本当にそれでOK?

スポンサーリンク

確かに苦しい40代転職

新卒一括採用の名残

年齢で転職を諦める方は多いですよね。

確かに、40歳を過ぎると求人は一気に減ってきます。

今までの時代は新卒一括採用が一般的で、1社に長く勤めることが安心という価値観でした。

これからの時代はそうではないとしても、いきなりは変わらないですから。

 

でも今回の趣旨は、40歳からは転職は諦めよう!みたいな話ではありません。

40歳を過ぎてからでも転職する必要がある時代に備えよう!

ということです。

 

めちゃくちゃ大変なことに聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。

時代の価値観が変わっていくからです。

そもそも転職を求人に頼る必要があるのか?

そもそも転職は会社への入社を意味するのか?

根底から考え直していくべき時代かもしれません。

 

『40過ぎの転職』なぜ苦しいのか?

ではなぜ今の40歳過ぎた転職は苦しいんでしょうか。

実は、決して“職を変えられない”わけではありません。

転職活動をする人が少ないというイメージです。

 

職が決まらない人だけが長く転職活動をしているから、苦しく見えるんですね。

すぐ決まる人、なかなか決まらない人が大きく分かれる。

 

すぐに決まるためには、これまでにどんな経験を積んできたかがとても大切です。

『社会人としての経歴』をしっかり積んでいること。

その経歴が、次の仕事でも活かされるものであること。

 

40歳までに何をしてきたかで、その後のキャリアは大きく変わる。

 

自分の強みをバッチリ確立できていれば、若者には決して負けない仕事が出来ますよね。

それなら簡単に転職可能。

だけど若者にも出来ることしかやってこなかった場合が、苦しい転職活動になるわけです。

 

そして今までの日本の働き方というのは、そのような社会人を生んでしまう構造だった。

気づいた人から「これじゃヤバい」と思い、転職活動をしたり勉強を始めたりしているんですね。

 

悩んでいるなら今がチャンス

もし今、40歳過ぎて悩んでいるとしたら。

これを過ぎると、自分を成長させる機会が減少します。

自分への諦め感も増していくでしょう。

 

「どうせ自分はこの程度だ」

「今よりいい会社に入社なんて出来るわけない」

と思っていたら危険信号です。

 

確かに今よりいい会社に入社はできないかもしれない。

だけど今の会社がずっといいままだとも限らない。

少なくとも、「このままこの会社にいれば安泰だ」なんて思ってしまったらマズイ。

 

自分の成長を望まなくなったとしても、時代は動き続けます。

会社は変わらねばならず、時代に適合しないといけない。

「自分は変わらない」と思ったときから、社内でも置いて行かれる可能性は非常に高くなります。

 

くすぶって悩んでいるなら、今がチャンス

キャリアアップのために社内で行動を起こすもよし、思い切って転職にチャレンジするもよし。

自分の成長のために動き出そう!

 

だって後30年、その会社で成長を止めたまま居続けることが本当に可能ですか?

 

スポンサーリンク

 

いつでも転職可能な自分を目指す

40過ぎて“1度も転職しない”可能性は?

今後の社会をしっかりと見据えてみましょう。

現在コロナの影響で大手が大規模リストラを準備中です。

しかしこれは、“想定外の事態”とは言えない。言ってはいけない。

 

テクノロジーの進歩、需要の変化、ありとあらゆる変化のスピードが10年前とは段違いで起きています。

“今の仕事はなくなる”と思っていた方が健全です。

仕事がなくならなくても、社内の状況の変化が全く起こらない方が不自然です。

今のポジションにずっと居続けるようなイメージは捨てないと、変化し続ける自分ではいられません。

 

40過ぎて1度も転職しない可能性はゼロに近い。

そう思っていた方がいい。

 

そもそも人口が減っているわけですから、今ほどの会社の規模や数は必要ないんです。

企業も人を雇うメリットがどんどん減っている。

個人でも仕事を簡単に請け負える時代です。

 

転職できなかったらどうするの?

もし、どうしても転職しないといけない状況になった時。

転職できない自分だったらどうしますか?

今のポジションに甘んじるというのは、転職不能な自分になる危険をはらんでいる。

 

どこででもすぐに雇ってもらえるような資格を持っていたり、役員レベルまで行っているなら話は別です。

しかし、多くの人はそうではないはずです。

“他に行く勇気がないからここにいる”という場合は要注意です。

 

どんなに会社が気に入っていても、時代の変化であっさり潰れる可能性だってある。

テクノロジーの進歩で、自分の仕事がなくなる可能性もある。

 

会社が潰れそうなら、自分がリスクを負ってでも会社を立て直そうと思うかどうか。

自分の仕事がなくなるなら、このままではお荷物になるから他に出来ることを必死に学ぼうとするかどうか。

 

変化は黙っていてもやってきます。

その時のために今出来ることが、何かしらあると思います。

 

安全な会社を探すより大切なこと

つまり、安泰な会社・安泰なポジションを探そうとすることには危険がある。

会社が危ないのではなく、自分自身の思考を変えないといけない。

 

大切なことはごく単純なことです。

自分を成長させること。勉強すること。

 

「すでに十分勉強している」なんて思ってはいけません。

今の会社や今のポジションから抜け出し、広く社会の一員としての自分を客観的に見ておきましょう。

安全な会社を求める人を、会社は求めません。

 

でも、学んだら学んだだけ会社のためではなく自分のためになる。

そしてそんな人こそ、色んな会社から引っ張りだこになるものです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-就職・転職ノウハウ

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.