転職活動は現在地を知るチャンス

就職・転職ノウハウ

【転職】苦しくても自分と向き合え!あなたの現在地を知るチャンス!

2020年、転職ブームがコロナによって大逆転。

空前の仕事不足、求職者の希望の偏り、様々な問題により『ミスマッチ』の確立が非常に高まっています。

今転職しようとしている人は“自分と向き合う”覚悟が最も大切です。

自分が求めるものは?できることは?

苦しい転職活動はチャンス

「苦しい」ということ

今、転職活動に苦しんでいる人は、もしかしたらこんなことに悩んでいませんか?

「やりたいこと」と「出来ること」にギャップがある。

 

本当はWEBマーケティングをやりたいのに、いくら面接にいっても全然受からない。

妥協して違う仕事に就いた方がいいのか、もう少し時期を改めた方がいいのか・・・。

 

コロナの影響もあり、人気の職業はかつてない偏りを見せています。

そして“そんなこととはつゆ知らず”応募しまくって落ちまくり、自信を失ってしまう。

「今の時代だから」「コロナ禍でも」そんな風に思い付きで仕事を選んだら、どう考えても集中しますよね。

そもそも一般的に“どんな職業が存在するのか”すら分からないで選ぶのだから当然です。

 

だとしたら苦しい原因は何でしょうか?

  • 自分の実力が分からない。
  • 本当にやりたいことがない。
  • 世間の情勢が分からない。

『自己理解』と『仕事理解』が不足することがほとんどの要因になっています。

 

少ない情報の中での「やりたい」こと

まず、求人を探すと言っても大量過ぎて“すべての職業は見ない”でしょう。

インターネットで調べる時も、「営業」や「事務」などでそもそも範囲を狭めたうえで見ると思います。

まずこれが、苦しみ続ける原因。

自分の枠(常識・価値観)の中で転職活動をしてしまう。

 

「自分は事務がやりたい」から事務だけで検索をすると、ほんの一部の中からしか選べません。

しかし実際は、事務がやりたい人が他にも満足して出来る仕事はあるんです。

言ってしまえば、入社すればその後の仕事は変わっていくし、求人に書いてある内容が全てとは限らない。

 

例えば「デスクワークがしたい」と思っている。だから事務で検索する。

デスクワーク出来るのが「事務」の中にしかないと思っていたら、ごく限られた情報の中から選ぶしかありません。

そこで一歩立ち止まって、周囲の人に聞いてみたらどうでしょう?

「デスクワークの仕事って、事務以外に何がある?」

 

人事・採用、営業サポート、製作・・・言葉を変えるだけで“希望の働き方”ができる仕事も見つかってきます。

しかしあくまで今回伝えたいのは、『周囲からの情報も受け入れて柔軟に転職活動をしよう』ということ。

希望の仕事ですら、人の意見を聞き入れて変える必要があるかもしれません。

  • 自分の情報を深く掘り下げる。
  • 社会の情報を広く集める。

ことが大切です。

 

大きな方向修正が可能

転職活動の最大のメリット。

それは、自分のキャリアを『大きく方向修正できること』です。

 

これは仕事に就いてからでは困難です。

だからこそ、自分だけの常識の中で判断するのではなく多くの情報を収集して臨みましょう

就職してからでは、大きな修正が効かなくなる。

 

だから苦しくても、自分と向き合い、自分の成長を促し、新しい価値観を受け入れる機会にして欲しい。

『チャンス』なんです。

みんなが偏った就職活動をしている中、自分は自分らしく転職活動を出来たら。

今苦しくても必ず将来のためになっているはずです。

 

月収25万以下の転職ならキャリアスタート

 

【転職活動】自分と向き合え!

あなたは今、思った通りの場所にいる?

自分と向き合うのは苦しいものです。

“できない自分”とご対面しないといけませんから。

前職を抜け一般社会の中の自分を意識した時に、自分はどのあたりの位置にいる?

自分の市場価値はどのくらい?

 

あんまり考えたくないですよね。

市場価値が低かったら嫌ですから・・・

 

でも、コレがとても大切。

就職してからでは、ムリでもやらないといけません。

出来ないなら辞めるしかありません。

今が転職活動中なら無理に背伸びする必要はないんです。

ただ、受け入れればいいだけです。

 

これがあなたの中で“妥協”だったとしても、決して悲観しないで欲しいんです。

だってもしかしたら、前職を辞めたのは“無理してたから”かもしれない。

少なくとも、もっとあなたが活躍できる場所が必ずある

あとは、自分が活躍できる場所を自分が受け入れるかどうか。

 

思った通りの場所に居ないのは、何か原因があるはずなんです。

 

『転職活動』で急成長しよう!

それでも、少ない転職の機会、無駄にしたくない。

思い通りの活動をして、悔いのないようにやっておきたい。

そう思う人は多いはずです。

 

そんな人はどうするべきか。

この『転職活動』の中で急成長しよう!

 

成長してしまえばいい。

もちろん、そんなに簡単ではありません。

簡単ではないことをしようとしているのですから当然です。

 

覚悟が必要です。

どんなに自分の悪いところを指摘されても真摯に受け止め、必ず改善するという意思

それも自分の解釈で受け取らず、相手の言っていることを「どういうことなんだろう!?」と考えないといけません。

理解できないなら、頭の中で何度も何度も考える

自分を変えるというのは大変な労力がかかります。

これを諦めない人だけが、転職活動という短い期間の中で大きな気づきを得て、急成長を遂げることができます。

 

“自分を知る”ということ

正解はどちらでもいいんです。

自分に出来ることを客観的に受け止めること。

必死に食らいついて自分を変えること。

 

ただ、どちらにしても大切なのは『自己理解』です。

自分はどんな人間で、社会のどこに収まることが出来るのか。

今は収まる実力がないなら、どうしたらその形に変化出来るのか。

 

収まりどころを知れば、世の中の役に立ち世の中から必要とされます。

 

自分を知らないというのは、社会の中での自分の形を知らないということです。

本来それでは、面接に行っても仕方ないという話なんですよね。

だけど今までは人手不足だったので“引っ張られた”だけです。

 

企業はあなたを雇うメリットがない限りあなたを採用しません。

企業にとって自分を雇うメリットを積極的に伝えていきましょう。

そのために必要なのが、自分の収まりどころを知ること。

苦しいけれど、自分と向きうほどにあなたのキャリアは輝いていきます。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-就職・転職ノウハウ

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.