秋採用2

就職・転職ノウハウ

【2019年秋採用・中途転職・第二新卒】人事が何を求めるか?知れば自信を持って転職できる

2019年7月29日

就職で一番キリがいいのは春。

ほとんどの企業は3月に決算を迎え、新たな計画が4月からはじまるからです。

 

また各就職支援も春に活性化するのは、効率よくそのタイミングに合わせて費用対効果を最適化するためですね。

しかし私が転職しようとしたら、春より秋にします。

 

単純に競争率が春より低いからという理由もありますが、それだけではないということを私の得意の人事目線でお伝えします。

転職を有利にするなら、相手(会社・人事)の心理を知ろう!

 

秋採用をする理由

慢性的人手不足

現在は生産人口(働ける年齢層の人口)が減り続けています。そのため、人気のない企業から離れて人気の企業に行く構図になっていますね。

このせいで業界や規模による差が大きくなっています

人気がある企業というのは、知名度のある企業とほぼイコールです。

つまり、知名度の高い企業には人が多く集まり知名度の低い企業には人が集まらない。

これはチャンスです。知名度が低いからといって自分に合っていないとは言えません。

注意ポイント

知っているというだけの理由で会社を選んだら、自分に合った会社は見つけづらくなります。

ただ、退職が多い企業も常に募集をしていますが、そこには退職が多い理由があるはずです。マイナス要素の可能性は高いのでしっかりチェックしましょう。

 

戦力不足

4月に入社した新卒がまだ経験不足でもっと人手が欲しい

新卒が採り切れなかったから、目標人数を達成するため秋にも力を入れないと!

 

秋に採用が充足している企業はさきほど挙げた知名度の高い企業です。

ほとんどの企業は春に人気企業と並んで採用活動はしたくない

しかし、“求職者が少ないから”春にも活動するんです。求職者が秋にいれば、ほとんどの企業にとっては嬉しいです。

ポイント

思ったよりも、秋の転職者が求められています。

 

年末に向けて早期採用

秋を過ぎると、これから採用し辛い時期に入ってしまいます

一番の転職契機はやはりボーナス。夏のボーナスをもらって転職です。

しかし、秋を過ぎるともう年末のボーナスが目前なので転職は踏みとどまります。

年末のボーナスをもらうとすぐに正月休み。転職はしづらいですよね。

 

「ここで採っておかないと!」が秋採用の理由になります。

このタイミングを狙って、転職系の求人会社も営業をかけていきます

ポイント

この波に乗るのとチャンスをつかみやすい。早すぎても遅すぎても損をする。

 

新卒の早期退職を狙う

第二新卒(既卒)とよく言われますね。

企業にとっての第二新卒のイメージは、だいぶ良くなってきました

 

以前だとすぐに辞めることにマイナスイメージを持つ企業は確かに多かった。

しかし今は転職が当たり前だということを企業も知っています

だから人気企業と競合するよりも、人気企業で教育された人材が転職してくるのを待ち望んでいます

この時期にスカウトを行う企業も多いですね。

ポイント

特に第二新卒はかなりのチャンス!春と違って求職者が少ないので狙った会社に入りやすい。

 

数字で見る。秋採用がチャンス!

よく耳にする数字で説明をします。

有効求人倍率 = 求人数 ÷ 求職者数

「求職者一人に対し求人がいくつあるか。」という数字になります。

高いほど就職しやすく、企業は採りにくい。売り手市場です。

 

この数字は各都道府県で出しているので、ホームページで検索してみてください。

業種ごとや地域ごとにも数字が違って面白いです。

 

東京の有効求人倍率

2017年4月

2017.4

求人数 210,725

求職者数 135,141

有効求人倍率 1.56

 

2017年10月

2017.10

求人数 218,831

求職者数 126,497

有効求人倍率 1.73

 

2018年4月

2018.4

求人数 205,428

求職者数 126,424

有効求人倍率 1.62

 

2018年10月

2018.10

求人数 214,462

求職者数 118,956

有効求人倍率 1.80

 

以外かもしれませんが、秋の方が有効求人倍率が高いです。

春より秋の方が求人数が増えていますよね?そんなこと実感していないのではないでしょうか?

これは、求職者がいないので春ほど宣伝されていないだけなのです。

ポイント

世間の当たり前の裏をかこう!

 

人事のキモチ!春との違い

では次に、人事や会社側は秋採用をするときにどんな状態なんでしょうか?

知ると有利に転職を進められます。

 

早く決めたい!

先ほど挙げたように、人事にはあとがありません。

しかし目標を達成しないといけないので、焦っています

早く採用数を達成して安心したい。

 

採用基準を春より下げたい!

人事は、厳しい活動になることは分かっています。先ほどの有効求人倍率を見ると、具合悪くなりますね。

他社も競合する。求職者の数が減ることも知っている。

今まで通りでは採れないと分かっているのです。

合格ラインが下がる可能性大。

 

他で教育されているからありがたい!

春に新卒を採用すれば、教育は人事の仕事です。

しかし、すでに他の会社を経験していればいきなり現場配属も可能

企業は早く配属されてくれる人を求めている。

 

ポイント

採用をやっていること自体が、余裕はないという証拠!自信を持って自分を売り出していきましょう。

 

企業を狙い撃ち!秋採用攻略

では、ここまでの

①秋採用の理由

②情勢背景

③人事・会社の心理

をもとに、自分に有利に転職を進めていきましょう。

 

企業にとってのメリットを狙い撃ち

企業があなたを必要とする理由・企業にとってのメリットを必ず持っているはずなので、そこをしっかりアピールすること。

たとえ半年で辞めるとしても、その経験は企業にとってのメリットになります。

経験をしっかり職務経歴書に明記できるように準備しましょう。

以下を書けるように

  • 受けた研修の内容
  • 経験した実務(量・回数・成果度を加えるとなおよい
  • 前職の何が合わなかったか

受けた研修の内容

・基本的なマナー研修は受けている。

・経理処理のやり方を教わった。

・マーケティング理論を教わった。

とにかく思いつくものは細かくても全部出しましょう。

企業が省略できる研修が伝わります。

 

 

経験した実務

・〇〇営業所での接客を週に3回。お客様からの投票ランキングで一位を獲得。

・伝票の整理、小口の管理までを任されていた。次に経理ソフトの使い方を指導されていた。

・商圏分析の結果、〇〇地区の自社製品使用比率が高いことが分かった。ここをシェアトップにするため〇〇戦略を展開。シェア〇〇%でトップになることができた。

なるべく細かく、実務と成果を数字で出せるとベスト。

企業は即位戦力を求めていることを忘れずに。

 

前職の何が合わなかったか

・人間関係が業務のみだった。プライベートまで一緒に遊べるような関係でありたい。

・成果に対しての貪欲さが薄いように感じた。もっと一人ひとりが自覚と責任を持って取り組む姿勢でありたい。

・社長が思ったような人ではなかった。こんなことが〇〇〇〇あった。

ここは慎重に。よく考えてほしい、とても大事なところです。

具体的な事例があるといいですが、あまりグチっぽく聞こえないように注意しましょう

悪く聞こえないように言いたくなってしまいますが、自分をしっかり表現することを第一にしてください。

嫌なことが次の会社でもあったら、また転職することになります。素直になった方がお互いのマッチングのためです。

これがいやだ!これがいい!をはっきり伝えよう。

 

“再転職疑い”を狙い撃ち

秋採用において人事や企業が一番入念にチェックしたいのは、“なぜ辞めたか”です。

「その転職理由が自社でも再現される」と確信すると、まず採用はされないでしょう。

しかし、理由は必ずもっともなものがあるはずです。準備しないで面接当日を迎えるなんてことのないようにしましょう。

 

そしてこれはあなたにとっても同じことです。会社のこともしっかり探ってください

企業によっては、「すぐ辞めそうだけど人手が欲しいから採用しちゃおう。」という企業もあります。

そんな会社は、「あなたが危ないな」と感じるのであればやめておきましょう。

お互い「転職が再現される」と感じたらさっさと切り捨てて次に行きましょう!

「せっかくここまできたから・・・」はダメです。

「せっかくの転職の機会だから」と、もっとワガママになりましょう。

 

秋採用、幸運を祈ります!

 

秋採用はスピード勝負。

エージェントに相談して時間短縮して進めましょう。

 

① “みや”が自信を持っておすすめします!

強力パイプで書類選考なしにしてくれる

DYM公式サイトへ

①「カンタン60秒!マッチングサービスに申し込む」に情報記入後 ②「今すぐ無料登録する」を押す

② “みや”が自信を持っておすすめします!

フリーターからの転職にも強い

第二新卒エージェントneo公式サイトへ

①「30秒簡単無料登録 無料相談はコチラ」を押して ②情報記入後 ③「登録する」を押す

 

③ 日本の人事部長

doda公式サイトへ

 

④ バイトから社員になるならバイトルNEXT

バイトルNEXT公式サイトへ

 

⑤ 体育会系なら

体育会系にはビッグチャンス

アスリートエージェント公式サイトへ

①右上の「無料個別相談」を押す ②下にスライドし情報を記入 ③「上記の内容で送信する」を押す

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-就職・転職ノウハウ

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.