ウーバーイーツの働き方

就職・転職ノウハウ

「ウーバーイーツ」「フリーランス」変わる!雇用のかたち・働き方

テクノロジーの進化は新しい働き方を生み、雇用や契約が見直しされていく。

日本でも変化するウーバーイーツは、海外ではどうなってるの?

個人の時代と言われる人生100年時代は、今までのあらゆる常識を超えていく

どうなる?あなたの未来の働き方

変わる!雇用のかたち

9万人個人事業主ウーバーイーツ

フードデリバリーの「ウーバーイーツ」が、コロナ禍で爆発的に増えましたね。

配達員は9万人。僕のように地方にいる人にとってはびっくりするかもしれません。

 

ウーバーイーツの配達員は個人事業主。

会社側は基本的な雇用の責任を負わないため、労災などの保険にも加入していませんでした。

 

しかし、これだけ拡大し、メジャーになってきた今、これまでのようにいかなくなった。

そんなわけで今回、新しい制度が生まれるわけです。

ほんの一例ですが、これからこのような“構造の変化に合わせた適応”が至る所で起こっていきます

 

課題が雇用のかたちを変える

厚労省は、ウーバーイーツやフリーランスのIT人材に労災適用を検討。

9月には「特別加入制度」の対象になるようです。

「特別加入制度」は個人事業主などが企業に雇用されなくても入れる労災保険。

費用は自己負担です。

 

個人の時代に自由を求める働き方、そういった働き方のための保障制度。

多様性を生みながらも、様々な問題が起き、それに合わせて後から制度が変わっていきます

 

今回お伝えしたいのはここ!

未来の『雇用』や『働き方』は現在の常識の中にはない

VUCAと言われるほどの不確実性の時代、どんなビジネスや働き方が分からないから、制度もどう変わっていくか分からないということです。

 

実態と法律

人類の進化を考えれば必然とも言える流れが、会社主体から個人主体への社会構造の変化。

テクノロジーが進化すれば、個人ができることは増える。

そうしてフリーランスが増加した今、その実態に合わせて法律が変わっていく。

 

しかし未だに前提などを変えるには時間がかかる。

例えば「個人事業主」は会社に雇用されるわけでなく、業務委託という形で契約を結びます。

すると、基本的には“指示命令が出来ない”んですね。

 

しかし実際は指示命令をしないといけない仕事が多いんです。

会社の名前を背負う以上、会社は「接客はこのように、挨拶はこのように」と指示をしたい。

委託される方も、指示をもらった方が楽な仕事があります。

 

そうすると、

「それって個人事業主なの?」

「指示命令されてるんだから雇用じゃないの?」

「つまり会社に責任があるんじゃないの?」

「だから社会保障つけてよ」

という議論に発展する可能性がある。

 

アンバランスなまま、ずっと時代は流れ続けます。

これが普通になり、安定した状況の方が異常になるということかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

多様化する雇用・働き方

イギリス・アメリカ

例えばイギリスはウーバーイーツを就労者とし、労働法上の保護が受けられるようにしました。

アメリカの一部では雇用関係の義務を拡大

スキルシェアのプラットフォームを使ったとしても、企業から仕事を受ける場合は従業員とするなど。

 

いま日本でウーバーイーツをしている人は、いったいどう思うでしょうか?

スキルシェアで副業をしている人はどうでしょうか?

 

「そうだ!そうだ!保障しろ!」と思うのか?

「せっかく個人事業主になったのに、逆戻りじゃないか!」と思うのか?

これに正解はありませんね。

 

自由に働きたい人に指示をしないといけないなど、問題は多々残り続けます。

未来はもっと多様な雇用のかたちや働き方になるはずですよね

今と同じと思う方が無理がある。

常識は変わっていきます。

 

労働者?事業主?

もしかしたら、上記のような「労働者」と「事業主」に分けること自体が時代に合わない時が来るかもしれません

 

もっと昔にさかのぼれば、奴隷と主人だったかもしれない。

でもそれはその時代には当たり前のことでした。

 

また、藩主と侍、家来、農民など。

奴隷ではないですが、それに近い主従関係が存在していた。

 

資本主義全盛期には、資本を持った人のもとで働く時代。

会社員という選択が常識の時代です。

 

そしていま、いえ、これからはどうなるでしょう?

格差はありながらも、時代は徐々に「チャンスを平等に分け与えられた」人が増えてきた。

「労働者」と「事業主」というのは、これからも本当に存在するだろうか?

もしかしたら、今までと同じように時代と共に去っていく制度かもしれません。

 

構造はどんどん変わる

確実なことは、“今と同じ世の中が続くことだけは絶対にない”ということ。

社会の構造はどんどん変わります。

遠い過去の奴隷がいまの世の中を想像できなかったように、今われわれも未来の構造は想像できません。

 

ただし、大きな流れが会社主体から「個人主体」に向かっていることは分かります

だからこそ、われわれキャリアコンサルタントも生まれたし、キャリア教育も強化されるんです。

 

キャリアの主体は自分にある。

誰でも自分らしさを生かして、幸せに働ける世の中に向かっていくはずです。

 

オンラインサロン・メンバー募集中→『つくば親と子のキャリア教育アカデミー』

つくば親と子のキャリア教育アカデミー

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-就職・転職ノウハウ

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.