学習の仕方は人によって違う

キャリアアップしたい

【働き方】に正解はない!人による『学習』『回復』の違いを知ろう!

「働き方改革」や「アフターコロナ」と言われるものが、環境をどんどん変えていく。

この環境に正解はなく、“いかに自分に合った環境に身を置くか”が大切です。 

まずは、『どんな違いがあるのか?』を知ること。

特に学習や回復の仕方は、人によって全然違う?

スポンサーリンク

似ている?『学習の仕方、回復の仕方』

人によって、どんな環境にいると勉強がしやすいかは全然違う。

 

「えっ!そんなうるさい場所で頭入るの?」

と思う人もいれば、

「一人じゃ進まなくない?」

と思う人もいる。

特に周囲にいる人数や、人の存在する・しないといった環境が大きく影響するものを紹介します!

 

実は、『学習の仕方』と『回復の仕方』は似ていることが多いんです。

 

自分自身が間違った学習法をしていませんか?

誰かを気遣って食事に誘ったのに、逆に疲れさせてしまったことはありませんか?

 

ガヤガヤがいいタイプ

まず、どちらかというと“大人数”が好き。

周囲がガヤガヤしているぐらいの方が落ち着くといったタイプ。

(この時点で「理解できん」と思っている人もいるでしょう)

 

こんな学習が好き

学校や塾など、人が多く居る場所でやる。

色んな人の話し声が耳に入っている。

教えたり、聞いたり、人と会話しながらだと頭に入りやすい。

こんな環境だと回復する

大勢で遊びに行く。

たくさんの人に囲まれていて、色んな人の存在を感じる環境だと癒される。

 

こんなタイプの人に、一人で勉強をさせると全然進まなかったりします。

それに、「疲れているみたいだから、そっとしておいてあげよう」と距離を置くと、どんどんストレスを溜めてしまう。

 

 

数人がいいタイプ

次に、大勢でいるのは嫌いじゃないけど疲れる。

2~3人で食事したり飲みに行くのが好きというタイプ。

 

こんな学習が好き

リビングや友達の部屋など、3人~5人、できれば一人でない方が好き。

たまに分からないことを聞けるといい。

励まし合ったりして一緒に勉強している人がいると頑張れる。

こんな環境だと回復する

数人で食事に行く。

気の知れた仲間と一緒にいると、活力が湧いてくる。

 

バランスを取りたいタイプなので、あまり大勢の場所に誘ってしまうと疲れてしまいます。

かといって繋がりは欲しいので、一人でいるのも寂しい

 

一人がいいタイプ

最後に、一人が好きなタイプ。

仕事終わりはすぐに一人になりたいし、食事に誘われたりすると疲れる。

 

こんな学習が好き

自分の部屋で一人でやるのがいい。

余計な音が耳に入ったり、余計なものが目に入らない環境にしたい。

雑音の入らない集中できる環境だと頭に入りやすい。

こんな環境だと回復する

一人でゆっくりする。

人と会話せずにいられる環境だと疲れが抜けていく。

 

こんなタイプの人には、気を遣って食事に誘ったりすると断られることがあります。

数人で勉強していても、本当は早く一人になって遅れを取り戻したいと思っています。

 

ちなみに図書館で勉強するのは、一人になる環境が欲しくて行く人と、一人だと気が散るから行く人がいます。

ヘッドホンをしているなら、一人になりたいのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

行動特性『自己表現性』の違い

そんな訳なもんで。

「自分の感覚が当たり前」なんて思ってしまうと、気を遣ったつもりが逆効果になります。

 

無理をさせると、

みんなが学習を進めている中一人だけ進まない。

みんなが回復している中一人だけ疲れる。

という可哀そうな状況になるから注意です。

 

なぜこんな違いがあるのかというと・・・

ポイント

人の行動特性は違うから。

中でも『自己表現性』の違いで、周囲の人との距離感が全く異なる。

 

自己表現性

3つある行動特性のひとつ。

活発な表現をするほど『右寄り』

もの静かな表現であるほど『左寄り』という。

 

どちらが良いとか悪いということはなく、どちらにも強みがあります。

 

右寄り「活発な表現」の特徴

自己表現性が右寄りの人は、「活発」と言われることが多い。

右寄りの特徴

  • 声、身振り、手振りが大きい
  • 物事を熱心に伝える
  • 人に働きかけながら物事に取り組む
  • 人前に出ることに抵抗がない
  • 大人数でいるとパワーが出てくる

 

左寄りの人から右寄りの人を見ると、

「大げさだなあ・・・」

「口が軽そうだなあ・・・」

「うるさいなあ・・・」

と思われることがある。

 

自分の感じていることや思いを、表現したいんです。

「表現しないと伝わらないでしょ?」

と思っている。

もっと言うと、「表現するのが正解」だと思っているかもしれませんね。

 

確かに。その通り。でも逆の考え方もあるんです。

 

左寄り「もの静か」の特徴

自己表現性が左寄りの人は、「もの静か」と言われることが多い。

左寄りの特徴

  • 人の話にじっくり耳を傾ける
  • 感情をあまり表に出さない
  • 言葉を慎重に選ぶ
  • 人の注目を浴びることを好まない
  • 少人数の方が居心地が良い

 

右寄りの人から左寄りの人を見ると、

「何考えてるか分からない」

「暗い」

「存在感薄い」

と思われることがある。

 

そんなに表現する必要はないと思っているんです。

「わざわざ言う必要ないでしょ?」

と思っている。

もっと言うと、「控えめであることが正解」と心の底では思っているのかも。

 

確かに。その通り。でも逆の考え方もあるんです。

 

「正解」は自分にとってのもの

ということで、正解は自分にとってはホンモノ。

だけど人に強要するものではありませんね。

あなたの学習方法や回復方法は、人に強要されるものではありません!

 

大勢でいたいなら無理して一人にならない。

一人でいたいなら無理して大勢でいない。

 

そうすることでストレスは溜まり辛くなります。

そして、学習の効率も上がりますよ!

 

「なんだか勉強がはかどらないなあ」

と思ったら、一度周囲の環境を見直してみてはいかがでしょうか?

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-キャリアアップしたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.