仕事初め

キャリアアップしたい

仕事初め【現場を変える】チャンス!【改善力】はポータブルスキル

あなたの仕事初めはいつからでしょうか?

年末年始、何日か休んで心も体もリフレッシュ!

いつもの仕事の流れを忘れている今が、

現実・現場を変える絶好のチャンス!?

仕事初めのあなたの状態とは?

そこで身に付く『ポータブルスキル』とは?

仕事初めは【現場を変える】チャンス

長い休みのあとは、

「あれ?いつもどうやってたっけ?」

と、仕事やり方を少し忘れているかもしれませんね。

 

通常を「忘れている」チャンス

それは、『チャンス』です。

やり方を変えてしまうチャンス。

 

そもそも、通常通りやることが本当に正解なんでしょうか?

通常とは、流れでやっている作業のことです。

そこに対して何の疑問も持たず、同じことをやり続けている状態。

本当はもっと生産性が上がるはずなのにやっている可能性も!

全てのやり方には、もっと上手くいく方法があるはず。

【改善】する余地はあるはずなんです。

 

だけど、いちいち全部を振り返って考えながらやることなんて出来ない

だから、せっかく通常を忘れている時があるなら、

『通常のやり方を考え直すチャンス』です。

 

ちなみに、楽器でも同じような経験があります。

僕はギターをやっていました。

下手なので、楽譜を見てもすぐに弾けない。

そして何度も練習するんですが、どうしても弾けないフレーズが出てきます。

手に癖がついてしまっているんですね。

で、一回諦めて練習をやめる

数日後、忘れたころにやってみると“なぜかスルッとできる”ようになっている!

不思議だな~と思いました。

メモ

脳には“ミエリン化”という現象があるそうです。

考えなくてもできるようになる、脳の神経パルスの伝導を高速にする現象です。

考える前に手が勝手に動いてしまうので、新しい動きがし辛くなっている。

 

「思い出す」より「思い付く」

通常のやり方を忘れているとしたら、

『チャンス』と思ってちょっとやってみてほしいことがあります。

『思い出す』前に『思い付く』

思い出しても、前と同じ状態に戻るだけ。

せっかく“忘れている”んだから、違う方法をやってみるということです。

新年!思い切って変えちゃおう!という感じ。

 

そもそも、“常に思いつく”状態ならいいわけです。

どんどん改善が進む状態なので、生産性は上がり続けます。

だけど、人間いつでも新しい気持ちでいるのは不可能。

だから意図的にわざわざ「振り返り」をやったりするんですね。

 

そしてとても大事なポイントがあります。

ポイント

変えることは技術です。

誰にでもすぐにできることではない。

経験、考え方、理論、知恵、成功体験などがあるほど、改善は上手になっていく。

『現実・現場を変えるスキル』は、『ポータブルスキル』です。

 

【改善力】はポータブルスキル

思い付いてそれを実行に移したら、

それは『現実・現場を変えるスキル』であり【改善力】です。

【改善力】はポータブルスキル!

 

では、【改善力】とは一体何でしょうか?

 

壊すことができるスキル

これが意外とすごいスキルです。

『壊すスキル』

作り上げてきたものを壊すことには勇気がいる

次はもっと良くしてやる、という自信も必要になる。

周囲の協力、周囲も改善を求める志向がないといけない。

壊そうとするうえでは、障害がとても多いんです。

 

だけど、壊さないと新しいことを始めることができません。

新しいやり方を試すには、必ず古いものを壊さないといけない。

 

壊せるというだけで、それは立派なスキル。

それがしやすくなっている仕事初めは、『壊す』という成功体験を積む大きなチャンスです。

 

全体を組み直すスキル

当然、壊しただけではマイナスになってしまいますね。

だからこちらも大事です。

『全体を組み直すスキル』

もう一度組み直すには、

全体を理解していないといけない。

全体の中でどうやって機能したら上手くいくかを考えないといけない。

組み直すには、仕事を知っていないといけないんですね。

 

ただの自己都合で変更したら、

自分がやりやすくなるだけで全体の生産性は上がらない。

 

だから、『長期休暇』というのが重要なんです。

全く違う部署から上司が来て、いきなりやり方を変えられたらいい気はしないですね。

「何を分かってるんだ」となります。

そして的外れになる可能性も高い。

休暇に入る前の体験がある、仕事を知っている人が改善するから成果が出る。

 

リフレッシュした自分はどんな自分?

長期休暇によってリフレッシュした自分は、どんな自分でしょうか?

体験を持って習慣を忘れている。

なんだかいつもの感じと違うんだけど、仕事そのものを忘れてしまったわけではない。

だからこそ、ギターの例で言っても“スルッとできる”ようになっているんですね。

 

習慣とは、良いものばかりではありません。

悪い習慣もあるもの。

悪い習慣とは、気づき辛いものです。

前からやっていること、教えられた通りにやっていること、

何も考えずにやってしまっているけど、本当はもっと上手くいく方法があること。

とにかく、

通常を疑う、習慣を疑うことができると大きな改善力に繋がります。

 

だけど体験は必要です。

本当に改善する力があるのは、その職場を制した者。

一番慣れている人が慣れを手放すことで、一番の改善力を発揮する。

 

リフレッシュした自分は、またとないチャンスの状態。

改善の成功体験を積むには絶好の機会です。

 

ポイント

体験を持って習慣を疑う。

壊して組み直すスキルを身に付けよう。

めったにないタイミングでしっかり成功体験を積みましょう。

あなたの貴重なポータブルスキルなりますよ。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-キャリアアップしたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.