美容師さんのようにキャリアコンサルタント

“みや”のちょい寄ッテ!

キャリアコンサルタントの使命は『美容師さん』を決める理由と似てる

2020年12月10日

毎回美容室を変えていた僕が今はひとつの美容室しか行かない。

その理由は、僕たちキャリアコンサルタントの使命ととても似ています。

お気に入りの美容師さんにスタイリングしてもらうようなワクワク感で、あなたもキャリアコンサルを受けてみてはどうですか?

スポンサーリンク

僕が“いつもの”美容室に行く理由

毎回、美容室を変えていたのに

まず僕は、本当に“毎回同じ”がイヤなタイプだということをお伝えしておきます。

美容室は毎回行く場所を変え、決して常連にはならなかった。

美容室のカードは、たぶん50枚ぐらい持っていましたね。(笑)

もちろんポイントが溜まることはなかったんですが。

 

だけど今はかなり長いこと、同じ美容室で同じ美容師さんに切ってもらっています。

しかもポイントカードもなく、そこそこ良い値段。

 

毎回行く場所を変えていた僕が、同じ美容室に行く理由。

自分の気持ちの問題ではありますが、それは自分の弱みを強みに変えてくれたからです。

 

嫌いだったクセ毛

僕はクセ毛があるんですが、ちょっと伸びるとセットしづらくなって、せっかくセットしても湿気が多いとすぐうねる。

「あ~も~」とうざったくなるし、一度気になると一日中気になってしまう。

だから当然、自分のクセ毛が嫌いでした

 

色々試してみたこともありました。

パーマをかけてみたり、ストレートにしてみたり。

だけどコレがまた、全然似合わない…

パーマなんて、美容師さんに「も、戻しましょうか…」と言われたこともあるぐらい!(笑)

 

ところがどっこい、今の美容師さんはこれを利用してくれたんです。

「せっかくいいクセがあるので、こうしたらどうですか?」という感じで。

クセはクセだけど、僕自身『いいクセ』と認識したことはなく、「ほんとですか~!?」と半信半疑でした。

だけど見事に、僕の中で過去最高のお気に入りの髪形にしてくれちゃったんですね。

 

美容師さんがかけた『シャナク』

『シャナク』って分かりますか?

かの有名なドラクエの“呪いを解く呪文”です。

なかなかシャナクを覚えられるキャラっていないんですよね…。

呪いは簡単には解けない。

 

ある意味、「髪の毛のクセが嫌い」というのは呪いのようなものです。

「ウザいな~」「めんどくさいな~」と負の感情しか持てませんでした。

でも見方によっては良いようにも取れるし、使いかたによってはかっこよくなると気付かせてくれた。

『自分らしさ』を表現するためには、最高のポテンシャルなわけです。

 

まさに『シャナク』された気分です!

 

また、“僕がどうしたいのか”をじっくり時間をかけてヒアリングしてくれたことも要因のひとつです。

以前の美容室では、そこまでじっくり話は出来なかった気がします。

自分の向かいたい方向(主観)と、客観的なよさを両方融合する、プロの技だなぁ~と思います。

 

スポンサーリンク

 

僕たちキャリアコンサルタントの使命

自分の嫌なところを受け入れられたなら

なんでこんな話をするかと言うと、僕がしているキャリアコンサルタントの使命も同じだと思うからです。

人にはそれぞれ、自分のお気に入りな所と好きじゃない所があると思います。

自分の嫌な所を受け入れて、逆にいい方向に考えることができたら最高だと思いませんか?

 

だって自分の嫌な所って、嫌だけどなかなか変えられない部分なはずです。

そのままの自分でいれたらいいんだけど、それじゃダメだから変えなきゃいけないと思う。

「変えたいけど変えられない」という葛藤は、自分を否定することになるのでとても辛いものです。

 

僕たちキャリアコンサルタントの使命は、そんな『嫌い』をちょっと好きになってもらうこと。

それを活かして何が出来るかを一緒に考えることです。

 

自分の色をなるべく消さず、自分の形をなるべく残したまま。

そうやって自分らしく生きていくからキャリアは充実したものになるんですよね。

 

強みと弱みは表裏一体

人はみんな違うものです。

会社によって、業種によって、多少偏りはあるものの、色んな人がいる。

基本的に“集団”というものの強いところは、色んな人が力を合わせることにあります。

 

自己主張が強い人がいるから物事が前に進む。

自己主張を抑える人がいるから、物事がまとまる。

違うから両立するのであって、同じであれば両立しない。

強みは別の角度から見れば弱みになり、弱みも同様に強みになる。

だから人は補い合うために集団を作るんです。

 

会社は似た者同士を集めようと思いますが、それは“だいたいの向かいたい方向”が一致していればいい。

「社長になりたい」と言う人ばかりだったら、会社はまとまらない。

 

時代は『ダイバーシティ』を叫んで久しいですが、会社の実態はそんなに進んでいません。

もっと色んな人が色んな個性を発揮して働ける環境を作るのも、僕たちキャリアコンサルタントの使命です。

 

取り払い、個性を伸ばす。『自分らしく』生きていく

現代社会では、ある程度偏りがあります。

この偏りを排除し、様々な個性を活かせる社会にできたら最高です。

めちゃくちゃ難しいことではありますが、未来のために取り組むべき価値のあることです。

 

個人にも“呪い”はかけられています。

自分のここがイヤ、ここもイヤ。

でもそれは本当にただの弱みなのか?

もしかしたら、一番の強みとなるヒントが眠っているのではないか?

呪いを取り払い、個性を伸ばし、自分らしく生きていけるきっかけを与えたい。

 

社会への『多様性理解』の働きかけと、あなたへの『自分らしさ』を手に入れるきっかけづくり。

お気に入りの美容師さんにスタイリングしてもらうようなワクワクした感覚を持っていただけるように頑張ります。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-“みや”のちょい寄ッテ!

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.