ムリじゃない

“みや”のちょい寄ッテ!

誰かの『ムリ!』は誰かの過去と真実の中から来ている。あなたは違う

 

「そんなのムリだからやめときな」

特に自分の夢が大きいほど人はそれを「ムリだ」と言うと思います。

理由はたくさんある。 

 

その人にとっては実現するプロセスが見えない。

その人にとっては実現する意味も見出せない。

その人にとってはもっと他に大切なことがある。

それはその人にとっての真実なんです。

 

それからもう一つ、あなたがそこまで頑張っているように見えないからかもしれない。

ではあなた自身はどうだろう?

 

確かに漠然としたまま、移せていない行動がないだろうか。

もっと調べれば方法が見つかるんじゃないか。

何かの方法でその夢を実現した人がいるんじゃないだろうか。

昔にはなかったけど今にはある条件は何かないだろうか。 

夢は本当に夢のままでいいんだろうか。

 

あなたの中の真実は何処にあるだろうか?

 

確かに周囲を見渡してみると、実現している人が全然いない。

大人達が優しい顔で承認するけど、実は内面「かわいいな」と鼻で笑っている。

「ああ、きっと無理なんだろうな」とどこかに諦めが芽生えてしまうでしょう。

 

友達ならなおさら。

本気で心配してくれる友達もいるだろうし、あんまり遠くに行って欲しくないという親しみかもしれない。

どちらにしても、ありがたい気持ちですね。

その気持ちだけ受け取って、真実は友達と自分で別のものだと思えばいい。

 

親ならなおさら。

親は子供の将来を必ず考えている。そんなことをして何か意味があるんだろうか、もっと幸せに生きる方法があるんじゃないだろうか、この子にとっての幸せは、この子にとっての幸せは。

とてもとても、ありがたい気持ちですね。

しっかりと受け止めよう。受け止めた上で、そんなに心配してくれる親のせいにするのはやめよう。 

 

諦めるのは簡単と言うけど、僕はそうは思わない。

諦めるのは苦しい。

不甲斐なさと、喪失感と、つまらなさと、無意味感と、恥ずかしさと、悔しさと、寂しさと。

 

「そんなのムリだからやめときな」という言葉が、そっと手を差し伸べてくれる。

頭を撫でながら、「いいんだよ」と言ってくれる。

 

あなたの中の真実は何処にあるだろうか?

 

「いいんだよ」「十分頑張ったんだよ」 

 

「イヤだ」「やりたい」「まだできることがある」「やっぱり好きなんだ」「諦めたくない」「諦めない」「この道に悔いはない」「絶対これは素晴らしい事なんだ」

 

「そんなのムリだからやめときな」という言葉に、あなたの実態はない。

あなたの中の真実に、ただモヤをかけようとしているだけ。

 

スポンサーリンク

 

誰にも自分のキャリアを決めることは出来ない

「だから言ったでしょ」と言われることがあるかもしれない。

あーやっぱり言うことを聞いておけばよかったのかなと。

 

本当に?

 

言うことを聞いて幸せになる人生なんてありえるのかな。

幸せの条件なんて誰にも決められなくて、自分で決めるしかなくて、だったらそこまでのキャリアも自分で決めるしかないよね。

 

自分で決めるしかないから、誰かから情報を得ることが大切で、学ぶことが大切で、先人の知恵が必要で、友達の考えが聞きたくて、身近な親がどう思うのか聞きたいだよね。

だから最後に自分で決めなかったら、そこまで情報収集したことにどんな意味があったんだってなっちゃうよね。

 

とやかく言われることは絶対にあるよ。

後付けで「やっぱり私が正しかったでしょ」と言われることだってあるよ。

それはその人にとっては真実。

だけどあなたにとっては違うよね。

 

あなたのキャリアのことだけは誰にも責任が取れない。

取りたくても取れない。

もしもあなたが人の言う通りに生きていきたいというのなら、周りの人は怖くて何も言えなくなるよ。

 

「ムリという結論は自分で出しな」

誰かの言う「ムリ」はその人の過去、その人の真実から来ている。

それを言うなという資格はないかもしれないけど、あなたはその言葉を真に受ける必要はない。

 

全てをとっぱらって自由になってみよう。

友達が言うから、親が言うから、世間がこうだから、ニュースでこう言っていたから、偉い人が言っていたから。

全部一回、捨ててみる。

 

あなた自身はどうする?

 

どう思うとかどう考えるとは言わない。

どうする?

 

今もし結論が出ないのなら、きっと行動が足りていないんだと思う。

情報収集のために周囲に聞くことは簡単だけど、一番の情報源は行動だから。

 

「ムリだ」という結論は、必ず自分自身が出すもの。

行動を止めるのは自分自身の体だ。

 

全部取っ払って、体や脳みそじゃなくて、心は何を感じているか。

まだモヤモヤしているのなら、歩き続ければいい。

 

僕は人の個性が好きだし、やりたいことをやろうとする人が好きだし、やりたいことをやろうとしてもがいている人も大好きです。

だからどうしても応援したくなる。

やりたいことをやるために諦めないで欲しいと思ってしまう。

これは僕の中の真実です。

 

ムリじゃない。

方法はある。

まだ気づいていないだけ、まだできていないだけ。

ムリじゃない。アリですよ、それ。

 

 

一緒に勉強しましょう!

オンラインサロン・メンバー募集中→『つくば親と子のキャリア教育アカデミー』

つくば親と子のキャリア教育アカデミー

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-“みや”のちょい寄ッテ!

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.