出会いで決まるキャリア

就職・転職ノウハウ

【就職・転職】『出会いで変わる人生』人というあなたの価値基準は?

『人生は出会いで変わる』本当にそう思っている人もいない人も、事実として確実に周囲の人の影響は受けている。

だとしたら、就職や転職で“人という基準”を持たなくても大丈夫ですか?

会社の選び方は、3つの大きな方針とあなた自身の価値基準で決まります。

スポンサーリンク

人生は『出会い』で変わる

振り返れば、全てが出会いから始まる

『人生は出会いで変わる』そう言われたら、あなたの納得度はいかほどですか?

僕は若いうちは「いやいや、自分で決めるもんだろ!」と思っていました。

だけど自由のない国を知ったり、色んなことで悩む社会人とお話をするたびに思い知ります。

「ああ、自分はこの環境に生かされているんだな」と。

 

まず人間の最大の理不尽は何でしょう?

それは、生まれる場所を選べないということです。

「選んで生まれてきたんだよ」という話もありますが、一旦ここではそのつもりがないとしておきましょう。

それでも人は前向きに、家族を愛し故郷を愛し、まるで運命のように幸せな人生を歩んでいくことができます。

 

だけど産まれは偶然であり、その偶然によって変えようのない“人種や国籍”までが決められます。

産まれてこのかた、親と出会い、同級生と出会い、親友と出会い、同僚と出会い、パートナーと出会い・・・

人、人、人との出会いの連続が人生とも言えるでしょう。

どこかで『違う出会いだったら全く違う人生』になっている出会いがいくつもあるはずです。

 

キャリアの8割は偶然で出来ている

一番の偶然は、人との出会い。

ちょうどこの時代に、ちょうどこの地域で生まれたから出会う人。

人生の道である『キャリア』には、人との出会いが超重要な分岐点になってきます。

 

キャリア理論のひとつに『プランドハップン・スタンス』というものがあります。

これは、キャリアの8割は偶然で出来上がるものという理論。

人生で誰に出会うかはほぼ運任せなので、8割という数字も納得です。

 

ただいくら偶然とはいえ、その偶然の出会いも求めるからこそ得られます

スポーツで成功したい選手は、より優れたトレーナーとの出会いを求めるでしょう。

有名な企業に就職したい人はいい大学に行き、自然と偏差値の近い人達と出会うでしょう。

音楽が好きな人は音楽を共通点として、様々なアーティストと出会うでしょう。

 

プランドハップン・スタンス理論の大事な点は8割を運任せにするということではありません。

その偶然は自分で引き起こすんだということです。

キャリアの8割は偶然で出来る。

偶然のもととなる出会いは、自分で引き寄せることができる。

そう、転職や就職がまさにそういう行為です。

 

スポンサーリンク

 

就職・転職に“人”という基準を

3つの選社基準

就職・転職をするときに価値基準として必ず持っていて欲しい3つがあります。

  • 会社
  • 仕事

です。

中でも“人”という価値基準を軽視しがちなので、今回ピックアップしています。

 

『会社』とは、その会社がどんな価値観で働いているのかです。

成果至上主義なのか、仲間意識を何より重視するのか。

理念や会社の雰囲気、評価基準など、社長の想いが一番色濃く表れる社風の事です。

 

『仕事』はそのまんま、どんな職業なのか、どんな働き方なのかです。

全然自分のやりたいことじゃないのに仕事するのは、いくら社風が合っていても辛いですね。

働き方や職務内容が、自分の生き方とリンクできるかどうかです。

 

そして『人』を忘れないで欲しいんですね。

キャリアの8割は偶然で来まり、その最たる要因が人です。

どんな社長か?どんな同僚か?どんな特徴の人が多いのか?

自分の人生の大部分を決めてしまうかもしれないことをしっかり見て就職しましょう。

 

今までどんな基準で決めてきた?

人それぞれで、“人”を価値基準としているかどうかは度合いが違います

あなたはどのぐらい“人”を重視しているでしょうか?

 

たとえば、服を買う時に友達と一緒に行って見てもらってから決めるとか、何か大事なことを決める前には誰かに相談するとかいう人は、決断材料に“人”という価値基準が大きくあるかもしれません。

また、いつも周囲の人にどう思われているか気にしているとか、人の感情が直観的に分かるとか、人が喜んでくれるのが嬉しいという人もそうです。

 

逆に、データや事実を分析して物事を決める人は、あまり周囲の人で自分の決断を変えるつもりがない人が多いでしょう。

福利厚生や休日だけで決めたり、面白そうな仕事というだけで決めたりする人も、『会社』と『仕事』という基準だけで選びがちです。

 

特にそのように、今まで人という基準で決定してこなかった人は注意しましょう。

就職・転職すれば、意図せずとも周囲の人は変わり、確実に現実は変わるからです。

ほとんどの離職原因は、人間関係です!

 

今までそうじゃなかった人も!

「自分はあんまり、周囲の人には左右されないぞ」と思う人ほど、しっかり『人の基準』でも会社を選ぶことをおススメします。

事実として、周囲にいる人によって情報の質も量も変わってきます。

 

「会社によって世界が変わる」というのは、ある意味合っていてある意味間違い。

企業は人なり。

会社にいる人によって世界は変わる。

 

会社を作ったのは人、理念を作ったのもビジョンを描いたのも人。

いま施策を考えているのも、営業活動をしているのも、失敗しているのも成功しているのも、全て人。

人脈を持っているのも持っていないのも人、夢を持っているのも持っていないのも人。

 

あなたはどんな人と一緒にいたいですか?

貴重なあなたのキャリアという人生、一緒にいたい人と過ごせるといいですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-就職・転職ノウハウ

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.