副業の選び方

キャリアアップしたい

【副業】やるべき?やらないべき!?個人の時代に合わせた働き方とは

副業をやりたいけど、どんな副業にすればいいの?

これからは自分で稼げる力が必要というけれど、一体何をしたらいいか分からない。

本業とのバランスは?

副業をしようとすると、色々考えてしまいますね。

方向性として、こんな副業の仕方はおススメできません!

スポンサーリンク

こんな副業やってたら危ない

「お小遣いが欲しい」から

副業はいよいよ推奨すらされるようになり、「本業以外をやることは悪」みたいな昔の価値観は消えつつありますね。

でも、これからなぜ副業が大切なのか?

自分の力で生きていかないといけないなら、どんな副業の仕方がいいのか?

よ~く考えないと、結局無駄な時間を過ごしてしまいます!

 

まずおススメ出来ないのが、「お小遣い欲しさ」の副業。

そもそもなぜ副業が必要になるのかを考えてみましょう。

本業一本では危ないかもしれないから副業をする。

これは、現時点だけ見てはダメです。

ダラダラと小遣い稼ぎをしていて、いざ本業を失ったら生活が出来ません

 

本業の将来性が見えないから副業をするのであって、その状態を長く続ける前提は結局のところ本末転倒です。

まずは本業でいま以上成長できる見込みはないのか?

そして、“給料不満足状態”であっても本業はいつまで続けることができるのか?

そこに危機感を持つことから始めましょう。

 

本業での成長を妨げるもの

そんなわけなので、本業での成長を妨げる副業も辞めた方がいいです。

たとえば、無駄に時間がかかること。

趣味などで割り切れたらいいんですが、「お金になるから」で時間を使い過ぎ、本業の勉強が疎かになったりしてはいけない。

 

まだ本業で成長できる余地があるのに違うことばかりやっていたら、せっかく一番近くにあるチャンスを棒に振ります。

本業への集中、成長を妨げる副業は生涯年収を下げるか可能性大。

特に30代ぐらいになったら一生のキャリアを見据えて、目の前の効率の悪いお小遣い稼ぎに振り回されないようにしましょう。

 

意識的なこともかなり影響してきます。

自分が本業で扱っている商材と、副業で扱っている商材があまりにかけ離れていて、お互いの価値観を否定するものだったらどうでしょう。

「自分のやってる本業はくだらないな」なんて思ってしまったら最悪です。

仲間もお客様も、自分さえ喜ばない。

 

本業の延長線上ででき、かつ利害関係が反しないものがいいですね。

 

“時間の浪費”は絶対ダメ

副業を考える時のポイントは、とにかく時間の浪費をしないことです。

副業をするときは、『これは時間の無駄遣いになっていないだろうか?』と考えることが大切。

一日数百円でも、自分の力で稼げることはとても嬉しい事です。

それ自体が悪いわけではなく、将来に繋がっているのかどうかが大事です。

時には、その分資格の勉強した方が将来的に稼げるようになる可能性があります。

 

その副業は、本当に自分のやりたいことだろうか?

その副業は、もっと成長する余地があるだろうか?

その副業は、自分のどんな能力を向上させてくれるだろうか?

その副業は、本業に変えられる可能性を秘めているだろうか?

今の社会だけでなく、自分が社会生活を送る期間を長く見据えて、その仕事について考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

副業はお金より将来性

いずれは本業にするつもりで

副業として素晴らしいと思うのは、「いずれ本業にするつもり」でやっているものです。

たとえ稼ぎが悪くても、将来自分がやりたいことだったり、十分生活できる可能性があるものならいいと思います。

いずれ本業にするつもりで選ぶ副業は、必ず自分のためになる。

 

その副業は、失敗しても価値があると思います。

キャリアを歩んでいくうえで、チャレンジした経験・成功した経験・失敗した経験、全てが自分の在り方を決める重要な材料です。

 

将来やりたいことのために頑張った時間は、決して時間の無駄ではない。

ムダなのは、将来の可能性もやる気もないのに、ただ少しのお金になるから続けてしまう副業です。

 

生きていく以上、必ず稼がないといけません。

今の仕事に満足いっていないなら、あがき続けることです。

 

“すぐにやめられる”からイイ!

副業の一番のメリットは、“すぐにやめられる”ことだと思います。

正社員として雇用される時には、それなりに約束事があり社会的責任もチームとして機能する役割もあります。

でも、副業はそこまでのめり込まなくてもすむ。

 

やりたいことがたくさんあって何をしたらいいか分からない時には、とりあえず副業でやってみるといいですね。

これがいきなり転職だとリスクが高い。

やってみないと分からないことはありますから、本当に面白いのか、本当に稼げるのか、試してみる。

本当にやりたいこと、自分に出来ることは、やりながら見つけていく。

 

社会人のほとんどは正社員として働き、そこで頑張らないといけないと思っています。

その分、その他の可能性を検討・検証している回数が減っている

だから副業の一番の在り方は、短期的に稼ぐことではなく、自分の生き方を検討することではないでしょうか。

 

自分に合った路線を見つけて力を蓄えよう!

せっかく副業を考えているなら、色々試してみましょう。

ただし、ダラダラやるよりも“やる・やらない”を判別しながらやるといいです。

 

自分のキャリアの向かい合いながら、

「これは自分に合ってないな」

「これ楽しいな!」

「おもしろいけど、これじゃ将来食っていけないな」

というように仮説検証を繰り返しましょう

 

「これいけるな!」「これライフワークだな!」

と思ったら、その路線で本業にできるぐらい自分の力を付けていきましょう

 

時間は有限です。

ただし、どんな経歴でも学歴でも時間だけは平等です。

副業の時間の使い方で、素敵な将来をゲットしてください!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-キャリアアップしたい

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.