お金の正体

キャリアとは何か

“お金”の正体見つけたり。原始人は知っていた!現代人が忘れかけた大切なこと。

2019年6月26日

“儲ける”ということにマイナスイメージを持っている人が意外と多いです。私も昔はそうでした。何か悪いことをコソコソして、裏で札束を数えながら小声で「儲け儲け~ウッケッケ~」ってイメージ(笑)。

では本当にそうなのか!もちろん違うんですけど、まずはお金ってそもそも何よ?ってことから考えていきましょう。

 

原始時代にタイムスリップ

お金がないと生きていけないですよね。別に書きましたが、生きる方法は人の役に立つこと、つまり働くこと。働いてお金を稼いで生活していく。

 

よく学生さんたちに話をするときに、まずはこういう質問をします。

「みなさんは何のためにはたらきますか?なんで就職するんですか?」

よくあるのは、「生活するため!」「お金を稼がないと生きていけないから」という答え。あたりまえでしょって感じでよく鼻で笑われます(笑)。

次に「では、お金ってなんですか?」と聞くと、少し悩みます。「生きるために必要なもの?」「労働力の対価?」どれも正解ではあるのですが、私はもっと根本的なことを伝えたいので次のように質問します。

 

「お金がなかった時代だったら、どうしてますか?」

そう、原始時代のことを考えてみましょう

 

マンモス大好き原始人

楽しい原始時代のはじまりです!さて、どうやって生活しましょう?ほとんどの人が思いつくのは、“狩り”ですね。尖った石器を先端に付けたヤリを持って出発です。

今の時代、イノシシにでも出くわそうものなら相当怖いですね。マンモスと戦っていたってんだから驚きです!よく学生さんに何を狩りますかと聞くとイノシシが多いのでイノシシにしましょう。

あなたはイノシシ狩りに成功し持ち帰ります。火を起こして焼いて食べよう・・・おなかが空いて待ちきれませんね!自分の縄張り(洞穴とか)では家族がすでに火を起こして水を汲んできています。

では、いただきま~す!美味しいー!苦労して狩ってきた肉は格別の味がしますね。おなか一杯食べました。でも、あらら、まだ肉が残ってます。せっかく狩ってきた肉、冷凍なんてできません。

さて、あなたはどうしますか?

 

お隣さんにあげますね!ウホッ。と差し出すと、お隣さんは満面の笑み!

ウッホッホーイ!どうやらお隣さんは狩りに失敗してしまっていたようです。どちらも嬉しいですね。

 

あくる日、あなたは狩りに失敗しました。帰り道、肩を落として想像します。

きっともう、火を起こして待ってるんだろウッホなあ。なんて言い訳(ジェスチャ訳)しよウッホ・・・。

しかし、縄張りに着いたあなたはとんでもないものを目にします。それはなんと、こんがり焼かれたマンモスの鼻!なんで?

以前イノシシを分けてあげたお隣さんが、マンモス狩りに成功したようです!

それはもうホッカホカの笑顔で、一番美味しい(かどうかは置いといて)鼻をくれたのです。「アントキハー、アンガトネー!」って。

そしたらあなたも「うわーめっちゃ嬉しい!ありがとねー!」となるはずです。もう嬉しくてしゃべれちゃいます。

 

お金の正体

あの時の「ありがとう」があったからです。

狩りに失敗し、失意のどん底にいたお隣さん一家はあなたの厚意に恩を感じていたんです。

こうなったらもう、あなたはお隣さんを大切にし、お隣さんはあなたを大切にします

これは本能です。自分を生かしてくれるものを大切にする。そうして生存確率を上げていく

 

つまり人間は、感謝の連鎖で生きてきたのです。これが今の世の中、定量的に、分かりやすく、すぐに使える、何にでも変換可能の超便利な発明・・・お金になったのです。

お金の正体は、“感謝”です。

今も昔も、「ありがとう」を集めて生きていくという原理原則は変わらないんですね。

 

“もうける”と感じで書いてみましょう。

 

“信じる者”と書いて、儲ける。

 

お隣さんの価値を信じ、信じられて。

たくさん儲けられる人材になりましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-キャリアとは何か

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.