社長を納得させる

就職・転職ノウハウ

僕が【面接・面談】で重視していたこと。社長に採用させるために!

僕は人事畑で10年、人事部長まで経験しました。

そのなかで当然、面接・面談も何百回とやってきました。

でも!

僕が面接や面談でやっていたことは、「落とすこと」ではありません。

「社長に採用させること」です。

キャリアコンサルタントになった今も、やっていることは同じかも?

面接の半分以上は“イイとこ探し”

不人気の中小企業は、良い会社でも人が来ない!

まず、すべての会社が僕のようにやっているわけではありません。

人気企業や大企業の面接では、「落とす」ことも必要です。

多くの人材が集まってくるので、すべての人たちを通すわけにはいかないですよね。

 

僕のいた企業は、地方の中小企業。

宣伝をしなければ誰も知らないような会社で、自然と人が集まってくるわけではありません。

不人気の企業は、たとえ“良い会社”であっても採用難になる。

だから、“落としたくない”んです。

 

面接というのは難しいもので、たかだか1時間で判断しないといけない。

本当はもっと良いところがあるのに、それを面接で表現できないと不採用になってしまう。

しかし僕は諦めが悪いほうで、面接が2時間になることもざらにありました。

 

あなたの強みは何?

「もっと強みがあるはずだ」といつも思っています。

そしてそれは誰であっても100%当てはまります

まだ強みが出きっていないのに不採用になるのは、お互い損なんです。

求職者だけでなく、会社側にとってももったいない

 

だから、面接の半分以上は「強み探し」に集中します。

角度や考え方を変えながら、

  • 学生のころ褒められたことは?
  • 周りの人にいつもなんて言われる?
  • それって、あなたの強みにもならない?
  • 逆に考えたら、それっていいとこだよね?

だいたい、本人は無自覚です。

「え?そう言われれば・・・そうなのかなあ。」と。

 

本人が無自覚なので、当然こちらが黙っていたらアピールできません

その状態で終わるなんてもったいなさすぎる。

 

ここで強みが見つかれば、最終面接前にプッシュできる。

さらに、本人が自覚して自信を持ってくれます。

強みを探すことはお互いプラスしかない。

 

あなたの人生どちら向き?

もうひとつ大切なことは、「価値観」とか「方向性」といった部分です。

人生どちらの方向に行きたいのか?

これも自覚している人は少ない

会社の面接においては、会社の価値観を話します。

すると、反応がありますよね。

その反応で、少なくともウチの会社の価値観が好きか嫌いかははっきりします

 

会社の価値観と、あなたの強みは密接な関係があります。

あちらの会社では活きる強みが、こちらの会社では活きない。

こちらの会社では活きる強みが、あちらの会社では活きない。

 

価値観も確認しておく必要があるんですね。

ズレていると、入社した後に「こんなはずでは・・・」となりますから。

 

価値観に賛同してもらえて、強みも発見できた。

もう、やることはひとつです。

最終選考に受かってもらうだけ!

 

社長にプレゼンするネタをつくる

僕がいた会社では、最終選考が社長でした。

最終選考には、ただ人材を送り込むだけのようなことはしません。

必ず事前に、人材の良いところをプレゼンをします。

 

どの部分の価値観が合っているか?

まず、ここは必ず説明します。

選考を通過した時点で“自社の価値観に合っている”ということには違いありません。

さらに納得してもらうために、「価値観が合っている」理由を説明します。

どの部分の価値観が合っているのか?

事実は何か?(根拠)

 

価値観にも色々あって、ただ「価値観が合ってるんですよ」と言っても分かりません。

「掃除の習慣は大切だという点でとても共感していました」

など、具体的に面接の中で出たワードを使って説明するんです。

 

さらに、

「自宅でも毎日玄関を掃き掃除すると言っていました。自社でも掃除を主体的にやって、周囲にも影響を与えてくれそうな期待が持てますね。」

と言う具合に根拠も示します。

しっかり出来ている事実と、入社後に期待できることを伝えて、活躍しているイメージを与えるんですね。

 

ポイント

社長が「ほうほう」とうなずくような「価値観」、「根拠」を面接の中で探す。

自社に入社した時の価値も合わせて社長に提示する。

 

もちろん、強みは何か?

強み。これって意外と難しいんです!

本人が強みと思っていることが、実は自社では活きなかったり

本人が強みと思っていないことが、実は自社では活きたりする。

会社に合った強みは、会社のことを知っている人が引き出してあげる。

面接において人事がやるべきマッチングです。

それだけで終わってはいけない。

社長に伝えるまでがマッチング。

 

これも、ただ「○○さんの強みは根気強いところです」なんて言っても伝わりません。

強みはなるべく具体的に。

「○○さんはとても根気強く、決めたことをやり続けて習慣化する力があります。」

などと話し始めます。

もちろん嘘は言えないので、面接でこの裏は取ります。

 

そしてやはり根拠となる事実が必要。

「中学から大学まで、サッカーをしてきたそうです。強豪校でレギュラーは取れていませんが、自分で“朝のボール処理練習”をしようと思い付き、高校から5年間の間ずっと続けてきたそうです。この主体性と継続力は、ぜひ現場に欲しい力です。」

という感じでプッシュしまくります。

 

ポイント

必ず社長に、「へえ~!」と言わせる強みを持っていく。

驚きを与えるぐらいの事実を、意外と誰しも持っているものです。

 

社長が気に入るポイントはどこ?

価値観、強みを伝えたら、最後にダメ押しをします。

「きっと気に入りますよ!」ということを暗に伝えちゃいます。

社長といえども、人間です。

会社といえども、人の集まりです。

結局最後は、人と人の相性です。

 

社長と社員の相性というのはとても大切なものです。

面接では、ここも探すんですね。

 

社長が気に入るポイントはすでに抑えています。

あとはそれを探すだけ。

例えば、

なんか突拍子もないことをやった経験はないかな?

おもしろい企画を友達として遊んだことはないかな?

変わった趣味は持っていないかな?

※社長によってさまざまですよ!

このネタを仕入れて、事前に社長の耳に入れておくんですね。

 

「○○さんなんですけど、友達とヒッチハイクでアジア回ったみたいですよ」

とか

「○○さん、こう見えて実はガンダム好きらしいですよ」

という感じですね!

 

ガンダムが好きな社長だったら、面接でどう切り出すと思いますか?

「君、ガンダム好きなんだって?」

ですよね!

もう面接は温まること間違いなしです。

 

ポイント

「そいつ、おもしれえな!」と思わせたら勝ちです!

だから、能力や価値観に関係ないこともどんどん聞きたい。

その分が、社長を落とす武器になるからです。

 

もしこれから就職活動をするなら、自分の何が強みになるか分かりませんよ。

面接ではたくさん自分を表現して、何かが“お気に入り”になるといいですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮内 利亮

はたらく悩みを解決! 【国家資格キャリアコンサルタント×元人事部長×特性分析アソシエイト】 宮内 利亮を詳しく知る⇒下の「キャリアコンサルタント宮内利亮について」からどうぞ

-就職・転職ノウハウ

Copyright© ヒカリカタ!あなたの町の人事屋さん|元人事部長キャリアコンサルタントによる・働く悩み応援サイト , 2021 All Rights Reserved.